ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日は企画で攻めてみましたが、事実上ほぼまったくの不発でした。
小倉在厩の厩舎では松永昌厩舎にいたっては土曜日の出走馬の中で唯一栗東で調整した馬が馬券に絡みました。事前入厩は直前輸送がないという大きなリスク回避ができると、例年的に考えたのですが、土曜日だけでみても一部の馬以外は軒並み凡走でした。

また新潟での函館など北海道からの転戦組にいたってはまったくの不発でした。
個人的に考えてみると理由としてはコロナ、変則日程がさらに急遽変更になったこと、その関係で函館は開催時以外は在厩ができず目玉のWコースが使えない、そして関東馬の全般的なレベルアップ?、福島が今夏もタフなコースになったことなどが考えられると思いました。
個人的なクリノは論外でした。日曜日も出走がありますが、もとから人気に関係なく激走する馬が多いので臨機応変に考えて面白そうと感じたら個別に買うしかない、というふうに感じました。

雨は日曜日にかけても全国的には不安定走です。東京も夜は雷が鳴っていました。
ただ各開催地ではこれ以上は大きな影響は受けない可能性が出てきました。
悪化しない前提で、急な悪化にはこちらも臨機応変に対応する、というのが賢明かもしれません。

小倉は相変わらず高速に近いと思いましたが先週ほどではなく、むしろ無条件で先行有利という感じではないようです。ただ内枠は脚質にかかわらず包まれたり、ポジションが取れない場合以外は有利だと思いました。

新潟は不思議な馬場という印象です。短距離ではそんなにペースが遅くなくても前が残ったり、中長距離ではあまりペースが速くなくても外差しが決まる感じに見えました。個人的にはもしかしたら3角あたりまでで内がかなり荒れているか、全般にスタミナを要す馬場になっているのでは?と思いました。
そのために1600以上の距離だと先行した馬はスピードよりもスタミナがないと直線で失速する可能性があるのでは?と思いました。

不発がひどいので、もしご覧になった人は予想というよりはひとつの読み物として読んでいただきたいと思っています。予想の参考にはされないほうがいいと思います。

さてサマーシリーズも佳境に入ってきて、対象はほぼ絞られてきた感があります。
特に今年は北海道シリーズの馬もチャンスが出てきたと思っています。ここ数年の猛暑の関係かレース数の多い内地の開催でも馬を無理なローテーションにさらさないというのが通例になってきたと感じています。
現在の勝利した馬の動向と獲得ポイントなどと今後の予定などを中心に考えてみました。
ある意味地力は半分無視という感じです。

土曜日の朝の段階での札幌記念、北九州記念の展望記事は下記のURLです。
http://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/6664265.html
(クリックまたはタップでご覧になれます)

◆札幌記念
新潟記念に出走予定でサマーシリーズの資格がありそうなのはブラヴァスとサトノガーネットでどちらも勝つことが条件になります。
札幌記念ではアドマイヤジャスタが3着以上、もし2着になればほぼ確定します。
つまりアドマイヤは勝ちに行かずに2~3着狙いをしてくる可能性もあります。
他ではトーラスジェミニ、カウディーリョは勝てば、アドマイヤが馬券に絡めなかった場合でかつ新潟記念で上記の2頭が勝たない場合のみサマーシリーズ優勝となる可能性がでてきます。たとえばトーラスが勝って、アドマイヤが2着だとアドマイヤが上位で、アドマイヤが3着だと同点、4着だとトーラスが上回ります。カウディーリョは勝ってもアドマイヤが5着だと同点です。

あとはかなり前からこのレースの出走を表明していた馬で地力の足りている馬も調整過程が順調であればここを目標にしている仕上げで好走の可能性があると思っています。

一般的には牝馬のG1馬2頭が有力とされていますが、どちらもここを最終目的にしていることは考えにくく、地力で馬券に絡んだとしてもなんとしてもここを勝つという感じではないのでは?と思っています。

ということで、
◎軸アドマイヤジャスタ
勝つことはないと思いますが、内容の詳細は不明ですが近藤氏2頭出しなどここは入着したいところ
○ペルシアンナイト
昨年も参戦で、現状直線平坦、右回り、周回コースなど過去この馬が好走した条件では本来は一番適合している。ここ目標で終っていなければ
▲トーラスジェミニ
昔メジロパーマーもこのレースを逃げて勝ったときはほとんどローカル重賞くらいの馬と思われていました。札幌は逃げは無理という常識を逆手にとればと考えます。勝てばサマーの可能性が出てきます
★ラッキーライラック
急遽参戦とはいえ、今までほとんど北海道で騎乗しないデムーロ騎手が事実上この馬のみのために遠征で、ここは目標ではないにしてもはずかしいレースはできないはず。ただ騎手のコース経験の少なさは逆にハードルになりそう
△トーセンスーリア
△カウディーリョ
△ドレッドノータス

◆北九州記念
まだ開幕して期間が経っていない状況ですが、ペース次第では差しも決まる状況の中、先行の有力馬がそろいました。
こういうパターンは意外とけん制が入るパターンですが、目標が先のモズスーパーフレアはここはメイチで飛ばすのでは?と予測されています。
ただすでにサマーシリーズで勝っているラブカンプーはこの先セントウルまで出走すれば北海道の馬が勝てなかった場合でかつこのレースの先行馬をつぶせば優勝の可能性が出てきます。さらにここを勝てば仮にダイアトニックがキーンランドを勝ってさらに無理なローテーションでセントウルを使ってこない限りほぼ優勝の可能性が高くなります。

ラブの森田厩舎には差しでコース巧者のダイメイプリンセスも出走するので、ラブがモズや有資格のジョーカナチャンをハイペースに巻き込みつぶしても違う望みもでてきます。ダイメイが勝った場合はセントウル出走が条件になりますが、今までのこの馬の経緯をみればその可能性も十分です。
ラブ以外ではどの馬も勝たないと条件が満たされないので相手はむしろダイアトニックとライトオンキューということになると考えています。

いずれにしてもラブはモズの思惑通り単騎逃げで楽勝はさせないと個人的に思っています。またモズの斤量も恵まれた、というには微妙な斤量でここはメイチ勝負というよりは休み明けなので斤量で負荷をかけて叩いてG1にそなえるというのが本当の趣旨ではないかと考えました。(上位の可能性は十分ですが)

他には先行の有力は見当たらないので。ラブカンプーかダイメイプリンセスかどちらかが馬券に絡む可能性は十分あると思っています。
他では好位のいいポジションを取れた馬や脚質にかかわらず内枠の馬に注意と思っています。

◎軸ダイメイプリンセス
○ラブカンプー
前述の通りですがハンデにも若干個人的な違和感があります。ちなみにジョーカナチャンは55キロです。
▲レッドアンシェル
ここを勝てばサマーシリーズ有力候補に浮上
★ゴールドクイーン
以外に地味ですがこの馬も逃げる可能性があり内枠で注意
△プリディカメント
△メジェールスー
△マイネルグリット
△タイセイアベニール

◆NST賞
ヒデノビーナスに注意と思います。穴ではハングリーベン、アシャカダイキに注意と思っています。

◆クローバー賞
私事ですが個人的にPOGに登録しているリキサントライが出走します。

◆他のレースの個人的注目馬
・札幌3R
ショウナンランチャ
・新潟4R
コンカルノー
・新潟5R
イワズ荷注意と思います。あと大穴で難しそうですがオリアメンディ、ビーマイセルフに若干注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在8月23日(日)AM3時15分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ