競馬穴狙いの探求2

競馬歴32年(2020年現在)で中央競馬を中心に楽しんでいます。原則は穴狙いで、興行、スポーツなどあらゆる側面から考えて予想しています。

競馬歴は2020年で32年目です。2005年以来競馬ブログを趣味で続けていましたが、このたびURLを急遽変更しました。

2020年1月までの記事は下記のURLです。
「競馬穴狙いの探求」
https://keiba-ananerai.blog.jp/

原則穴狙いです。
まずはご覧になった方は不発にご注意ください。
興行的観点、馬や騎手、陣営の戦略、オッズ、馬装具などあらゆる公開情報を駆使して、穴狙いを中心に馬券を楽しんでいます。

サイト制作・管理者
「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」
東京都在住(大阪生まれ、埼玉県育ち)
証券会社(17年間)、保険会社および保険代理店会社(約10年間)において営業活動(現在は廃業)
2004年より医療関連サイトのグループに所属
2007年タウンクリニックドットコム立ち上げ
現在に至る
連絡先:info@town-clinic.sakura.ne.jp
※ブログルールにより上記メルアドを手入力するなどしてご利用ください

【新型コロナウイルスについて】
現状は営業先など活動上当方、先方の双方に影響がないようにできる限り不要な外出や、訪問をしないことを心がけて活動をしている状況です。今後も状況をみながら柔軟に対応していく所存です。


POG20’

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
誤字・脱字を修正しました。また一部は追加記載があります。(函館記念展望の部分)いつもながら失礼致しました。(赤字で記載部分:7月15日AM7時20分くらい)

七夕賞はコース・道悪巧者のクレッシェンドラヴが完勝でした。
広尾レースは先々週から今週末にかけて準オープン以上の馬が全頭出走になりそうで、先々週は3歳馬が2着に入り賞金加算をして、先週は前述のようにサマー2000初戦で勝利をかざりました。持分の問題もあり対象外かもしれません(現在の詳細は不明です)が函館で出走したハナズリベンジもゴール前で大きな不利があり凡走しましたが、レース振りを見る限り仕上がっていて勝ちにいくようなそぶりを感じました。しばらくは広尾の馬には注意と思います。

結局七夕賞では凡走したリュヌルージュはデムーロ騎手が52キロと軽量騎乗で注目されましたが凡走しました。水面下での詳細は不明ですがそもそもデムーロ騎手は同日の織姫賞で勝利したホウオウエミーズが52キロ騎乗でした。結果をみればこちらが本命で、七夕賞は軽量騎乗が可能なので急遽騎乗が決まった可能性があると感じました。リュヌルージュは公開情報では当初は騎乗予定騎手が決まっていない状況でした。いずれにしても外枠だけでなく、騎乗予定騎手が決まっていないということは、やはり勝負気配と関係があるかもしれません。

ここのところ記載していた福島出身の騎手や株主総会が無事終了した絡みか上場会社経営者の馬が先週も大活躍しました。福島出身騎手では伊藤工騎手が日曜1Rの障害戦で勝利、日曜新馬戦で江田照騎手が勝利、田辺騎手も平場のレースを中心に複数のレースで勝利や上位入線の成績でした。

上場会社経営者関係では重賞でエアが入着、平場でも金子氏やオービック関係の馬が複数勝利をかざりました。株主総会だけではなく13~14日のセレクトセールの関係もあるかもしれません。そういう意味では日曜日のレース終了後は北海道や函館滞在の競馬関係者だけでなく、他場で出走の関係者も北海道に向かった関係者も多かったのでは?と想像します。

とすれば今週はレース前や当日に函館に立ち寄る陣営や馬主がいる可能性もあり、今週の函館最終週は大物馬主の馬や大手厩舎の馬には特に注意と思います。また今回高額で落札したらしいショウナンの馬も先週までと引き続きしばらくは3場とも注意と思います。当然賞金や馬券で回収したいところと想像します。

馬場状態は今週も引き続き週中は雨がかなり降っているようで、当日も含め馬場状態には注意と思います。昨年の凱旋門賞ヴァルトガイストではありませんが当初は道悪は苦手(三味線かもしれませんが・・)といいながら経験を重ねるごとに慣れたのか、本番では激走しました。やはり道悪でタフな競馬を経験した馬はの軽視は禁物と思います。特にそのような環境は消耗も激しいはずで出走事態自体が馬に大きな負担がかかるはずで、展開のアヤで上位に入ったり、時計が遅いことで思わぬ馬にチャンスが出てくる一面もありますが、本当に強い馬にも今後のレースでの大きな経験になるのでは?と思っています。

今週は前述のような色々な要因のほかコロナに関連した特殊な状況も加えて考えていきたいと思っています。
特にセールがあった北海道の函館、また高額落札した馬主さんの馬も加えて注意と思います。ボーナスシーズンも一段落して、ここはここ数週続いた穴中心の競馬ががラットらっと変わる可能性もあると思っています。(個人的には歓迎しませんが・・・)

◆現段階での今週の重賞注目馬
・中京記念
スプリントからマイルに切り換えたのか、元から狙いはマイルだったのかはさだかではありませんが、仮に出走してきたらディメンシオンには注意と思います。ただ事情は不明ですが公開情報では騎乗予定騎手が発表されていなく若干割引きと思っています。あとは騎手の動向などでブラックムーン、ロードクエストあたりが出走してきたら注意と思います。またこの時期に大活躍する馬主のミルファームのストーミーシーにも注意と思います。もし出走してきたらこの馬以外のほかのレースのミルファームの馬にも注意と思います。あとこれは除外対象で騎手も決まっていませんが、個人的な印象で前出の金子氏の馬でもあるプロディガルサンには注意と思っています。全走は順位だけでなくレース振り自体がひじょうに気になりました。

・函館記念
おそらくセールにも行き、現状の主戦騎手のルメール騎手もここ数週函館に滞在している藤沢和厩舎が今回3頭出しの予定です。ここはルメール騎乗予定のレイエンダにはもちろん注目ですが、もし出走してきたらムラはありますが地力は足りていそうで賞金加算も必要そうなランフォザローゼスには穴で注意と思っています。特に馬主の窪田氏は先週七夕賞で複数出しして不発で、さらに現在の社会情勢から考えてもここは何らかの結果を出したいところと想像します。また前出の広尾からはドゥオーモが巴賞に引き続き出走予定で若干注意と思います。

・函館2歳S
POGに登録しているリキサントライが出走予定です。池添騎手でもあり連闘でも、もしかしたらと期待しています。

◆地方競馬
買えませんが、水曜日に行われる川崎ナイター「スパーキングレディーカップ」は現在は地方在籍のサラーブが穴で面白そうだと思っています。買うとしたら単複と強い1頭とのワイドあたりで。

◆POG
手前味噌ですが、今までで最高のシェアポイント79位になりました。今後は厳しいと思いますが、少しでも上位を、と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在7月15日(水)AM4時57分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
大雨はさらに大きな被害が出ているようです。
そしてまだ終りそうではない可能性があります。
コロナと同時に起きている災害なので大変な状況と思います。

先週はあっと驚くような大穴も出ました。
ボーナスシーズンが関係あるのかないのか・・・。

個人的には予想したレースはまったく不発でした。
ただ福島特有というか、ご当地ものが多くの穴を出しました。
福島県は日本でも有数の広さで、浜通り、中通り、会津と3地方に分かれていますが、どれも他の都府県に匹敵する広さがあります。藩も違うし、言葉も微妙に違いますが、なぜか県民意識は強い県、という印象を持っています。私は個人的に昔からたどればもうかれこれ35年以上にわたり多数の福島県出身者や現地の方と仕事やプライベートでの交流があります。(仕事は15年くらいですが・・)

同じ福島の人がいると、たいてい前出の「どこ?浜通り、中通り、会津?」と聞く人が多いと個人的に感じています。それで仮に自分と違っていても共通点をさがし、福島県民であることで交流する、という感じの方が多いという印象です。つまり郷土意識はかなり強いので、地元で一発的な陣営や馬主さんは多いのでは?と想像します。

ちなみにたとえば北陸だと、3県とも都会では皆一緒に考える習慣があるのでは?と思いますが、福島はとりわけ自分の県に思い入れが強い、と思っています。(多くの他の県は知りませんが)
また私が比較的長く住んでいた埼玉にいたっては当時は県民意識はかけらもなかったというふうに感じていました。(今は知りませんが・・・)
そういう意味では個人的にはうらやましい限りだと思っています。

と前置きが長くなりましたが、先週は福島県出身の騎手が活躍しました。
田辺騎手、江田照騎手、伊藤工騎手などです。
特に日曜日の福島最終レースは人気と超人気薄の組み合わせでしたが、田辺騎手、伊藤工騎手のワンツーでした。

ただ先週は馬主関係はイマイチで、特に引退した相馬出身の木幡初騎手から息子の3兄弟に引き継いだ感じのご当地馬主の鈴木氏の2頭出しなども不発に終わりました。

また先週は海外のG1も含め国内重賞2レース、さらに英ダービー、エクリプスSのすべてが逃げ切りでした。
これは人気でも地力で押し切った馬から、海外特有のペースメーカー的に見えた馬がまんまと逃げ切ったり、国内では近走まったくだったノーマークの馬が逃げ切ったりなど、それぞれでしたが、以前何かで読んだ、「馬は何かんだいっても先行、内枠が有利でしょ?」という持論の方の一文を思い出しました。たしかに逃げれば風圧は受けますが、自分のペースで走ることができる可能性が高まりますし、内枠で逃げれば走る距離は物理的には短くなります。

そういえばエクリプスは穴馬はすべてダメでかすりもしませんでしたが、ディアドラの最後の直線からゴール前後の走りは、ここでメイチでなければ今後のレースでは注目してもいいかな?と思いました。さすがにこの後の大レースに出走すれば、もう少し人気も落ちそうですし、人気によっては穴としても面白いかも、と思いました。

あと土曜日の安達太良Sのフクサンローズの最後の直線からゴール前後の走りも次走以降は面白そうと思いました。ただこの馬、今までの経緯からだんだん使い減りするタイプに見えること、また福島がベストの実績なので、今回は休み明けでしたがメイチだった可能性もあり、さらに福島はしばらく敵鞍もないので、使い方をみて、どこかに出走してきたら若干注意と思いました。

今週は明晩(もう今日ですが・・・)の大井のダートダービーがあり、北海道、福島、阪神、大井とこの状況の中でかなり移動する騎手がいると思います。
今週末はそのようなことも含めて考えたいと思っています。

POGはやはり出走馬が4着と馬券に絡めなかったのでシェアポイントは224位に下がってしまいました。まずはどの馬かが勝利してくれれば、と思っています。

段階での今週の重賞注目馬
それから今週は広尾レースの残ったオープン馬で稼ぎ頭のクレッシェンドラヴが七夕賞に出走予定です。
先週はパンサラッサが2着で賞金加算ができ、賞金的に秋の大レースに出走の可能性が出てきました。同厩舎の強いダービー馬との兼ね合いもありますし、ホープフルSの時のこともありますが、競馬はやってみないとわからない、とは一応思っています。(といいつつも矢作調教師もさすがに三冠はほしいと思うので軸にはしがたいでしょうが・・・)

となれば七夕賞のクレッシェンドラヴがここで賞金を加算して秋のG2,G1路線に前進してくれれば、面白いのでは?と関係者も考えているのではないかと思います。また予定の段階ですが関西の騎手が遠征して騎乗する馬にも注意と思っています。これはじっくりスケジュール等を調べたいと思います。

また例年好走馬を出すビッグレッド系も多頭出しの予定です。中でもウインイクシードと出走してくればアンノートルに注意と思っています。

◆ジャパンダートダービー
これは即PATではないので買えませんが、一応出馬表を見た限りでは、カフェファラオとミヤジコクオウの一騎打ちムードでしょうがないと思っています。ただ穴狙いなのでもし買うとしたらミヤジを軸にして、カフェ2番手で、他ではまだ奥がありそうなキタノオクトパス、他ではなぜか地味なダノンファラオあたりに買おうと思います。いずれにしても中央以上に詳しくないうえ、実際に買えないので不発にご注意ください。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在7月8日(水)AM1時57分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
宝塚記念はクロノジェネシスの圧勝でした。直前の急な強い雨で回復しかけていた馬場が再度かなり悪化したようですが、それをものともせずの圧勝でした。デビュー以来勝ち味に遅い印象がありましたが、覚醒した感もあり、またスタミナもそなえている感じで相当強くなっていると感じました。今回は個人的に「ないだろう」と思っていた部分もあり完敗でした。それ以外は道悪と距離実績のある馬が掲示板に多く入り、馬場状態と、位置取り、さらに言えば外から捲くり気味に追い上げた馬が上位に入った感じにみえました。今年は特殊な状況で海外、特に欧州の大レースには出走すらなかなか難しい状況ですが、勝ち馬はそれなりに期待できる可能性がある感じにも思え、タイミングが悪かったかも、と思いました。

今週も天気が不安定そうで、特に連続開催の阪神はまた直前まで馬場状態には気を付けたほうがいいかも、と思います。

◆今週の重賞の現段階での注目馬
今週はどちらもハンデ戦で、騎乗予定騎手も減量失敗やそもそもダミーだったなど直前に変わる可能性もあると思っています。あと全般的な話でもあり、また両重賞にも有力どころで登録のある広尾レースの馬には注意と思っています。特に重賞ではこの時期は超一流どころが休養に入り、さらに賞金加算やサマーシリーズがまだ前半戦で勝てばサマーシリーズ優勝の可能性もあり、募集の関係もあり結果を出したいのでは?と思っています。もちろん一般レースの広尾の馬にも若干注意と思います。元から頭数が比較的少ないので、焦点が絞りやすく狙える可能性十分と思っています。
・ラジオNIKKEI賞
そこそこ人気になりそうですがアールクインダムに注目しています。他ではこれもいずれも人気になりそうですがパンサラッサ、キメラヴェリテ、パラスアテナあたりに注意と思っています。また昨夏デビューで中京や福島の重馬場で好走した馬にも注意と思います。そういう意味ではこれもそこそこ人気になりそうですがコンドゥクシオンあたりも注意が必要と思います。また前出のパンサラッサも重馬場で圧勝したことがあり注意と思います。ただ福島は週初の予報でそんなに雨の影響を受けない可能性もあり、比較的路盤が他場より弱いとはいえ開幕週でもあり、他の馬にも注目できる馬がいないかさがしたいと考えています。

・CBC賞
今年は京都競馬場の改修の関係で阪神でのレースになりレースも例年とは別物と考えています。ただ馬場は連続開催で週中にそれなりの雨も降りそうで、昨年同様道悪の巧拙も影響しそうです。現段階ではディメンシオン、ダイシンバルカンに注目しています。昨年の覇者で道悪も苦にしなそうなレッドアンシェルですが、状態しだいだと考えています。また昨年の高松宮記念でG1史上ワイドの最高配当を演出したショウナンアンセムが出走予定ですが、休み明けで回りも変わるので現実的に考えると難しいような気がしますが、ハンデは56キロなのでこれも状態次第だと思っています。特にショウナンは人気もなさそうだし、年齢的にものんびりかまえている場合ではないと思うのでもし出走してきたら若干注意と思います。

◆POG途中経過
先週まででシェアポイントで127位まできました。ただここからが大変だと思っています。まずは登録馬が順調に出走することと、1頭でもなるべく早く勝利をあげてくれれば、と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在7月1日(水)AM8時38分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
開催の全容は今週末までは発表されていますが、それ以後は感染状況やそれにともなう政府の施策によるところもあるのでしょうか?まだ発表がされていません。他のスポーツが次々と開幕したり、観客を入れる方向に動いていますが、競馬の場合は客が入った場合に密にならないようにするのは至難の業で間隔を調整した形で入場制限や全席指定にするなど大きな制限が必要になると思われます。またそれに必要な設備や人員の確保の問題もあり、そう簡単ではないかもしれません。
個人的には福島開催あたりまではすぐに元には戻せない可能性が高いのでは?と思っていますが、どうなるのででしょうか?

また週末は雨になりそうです。
ただ予報は土日雨から、日曜日のみ雨と変わってきています。
今後も流動的になる可能性があり、この時期特有のころころ変わる天気予報になりそうです。
いずれにしても週中の降雨も含め、馬場状態が大きく改善することは考えにくく、特に日曜日は直前まで馬場状態に注意が必要と思います。

さて今日は地方競馬の前半のハイライト、帝王賞で、週末は同様に中央競馬の前半のハイライトである宝塚記念です。帝王賞は当初の予定通りだと思いますが、宝塚記念はコロナなどの影響もあり、逆に役者がそろった感じです。

◆帝王賞
即PATをやっていないので馬券は買えませんが、穴で注目しているのはモジアナフレイバーです。勝つのは難しいと思いますが、陣営もそれはわかっているはずなので、逆に上位狙いに徹すれば、地の利もあり馬券に絡む可能性は十分あると考えます。個人的には長岡騎手の再びの渾身の騎乗がみられそうなケイティブレイブに頑張ってほしいと思っています。

◆宝塚記念展望
宝塚記念は近年は個人には比較的相性がいいレースで3年前の分は事情があり記事を削除してしまいましたが3年前と2年前は連続で印も馬券も的中しました。ただ昨年は完敗でした。
※参考
2年前の記事のURL
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53284940.html?ref=popular_article&id=567449-196

馬場状態は例年のように若干緩い馬場になりそうですが、メンバーはそろった感じでよほど極端な馬場状態や展開にならなければ、1~2頭は下馬評どおりの馬が入着しそうですが、個人的には毎年春秋のグランプリではよくみられるファン投票以外の出走馬と今までか、しばらくG1とは縁がなかった馬の激走があるのではないか?と考えています。特にこのレースは中央のG1では数少ない非根幹距離のレースでこの時期、コース、馬場状態、距離だったら、という馬がいる可能性があると思っています。
比較的人気になりそうなファン投票選出馬では条件的に合っているのでは?と思うブラストワンピース、そして実力馬のサートゥルナーリアに注目しています。ただスケジュールが年初の青写真どおりでない馬もいる可能性があり実力どおりでは決まらないのでは?と思っています。

穴になりそうなファン投票選出馬以外の馬では、まだ現段階では少し多いですが、レッドジェニュアル、トーセンの2頭、トーセンカンビーナ、トーセンスーリア、そしてあとはサマーシリーズではなくこちらに挑戦してきたカデナに注目しています。

いずれにしても今年もコロナ惨禍ではありますが、オーストラリアのG1の招待など勝ち馬には大きな特典があり今年はG1では不振の大手生産者もここは勝負に出る可能性が高いと思っています。ただ夏場の競走馬のセールなどの兼ね合いもあり、生産牧場は大手でも個人が持っている馬にも活躍してほしいと陣営側自身も考えているのではないか?と思っています。また馬券の売り上げの問題もあり主催者はやはり競馬の最大の楽しみである歴史的になるようないいレースがみたいというファンの期待にも応えたいのではないか?と思っています。(主催者が読める話ではありませんが・・???)

◆他の今週の注目馬
・パラダイスS
もし実際に出走すればですが、連闘で登録してきたレインボーフラッグは前走のレース振りから注意が必要と思っています。ただそうなればそこそこ人気になる可能性があり、人気次第だと思っています。

◆POG
先週登録した残りの3頭のうち阪神5R出走のトウシンモンブランが3着に入り、先週末時点で3シーズン前エトルディーニュなどを登録した時の途中で記録した順位とほぼ同じくらいの177位になりました。ただこれですべて登録してしまい、これから夏競馬の穴っぽい馬や、秋以降に本当に強い馬が次々出てくることを考えると、今週が今シーズンの一番高い順位の可能性もあると思っています。いずれにしても登録の10頭が今後も順調に出走してひとつでも高い順位になれば、と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月24日(水)AM8時43分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今シーズンは北海道の競馬は特にイレギュラーな事態が連発です。
新型コロナの関連で無観客競馬になり、海外レースは軒並み中止か遠征取りやめ、さらにオリンピックのマラソンが札幌になったことでスケジュール変更が行われたところにさらにオリンピック自体が延期予定になり、またスケジュールが変更されました。北海道遠征で調整を進める予定だった馬たちは、少なからず影響を受けたのでは?と思います。

ここにきて段々と一旦流行が沈静化したように思われますが、今度は政府など行政体は経済優先処置に舵を切り換えた感があります。
また今までの自粛など流行蔓延の影響で多くの競走馬に出資している母体や、競走馬の生産者関係もきわめて大きなダメージを受けたのでは?と思います。そこに夏は競走馬のセールなどが各地で行われます。売る方も、買う方の資金調達も例年より一層真剣味が増しそうです。

このような中での夏競馬の開幕ですが、サマーシリーズやダートの3歳重賞など競走馬の将来だけでなく、先々の競馬界のあり方まで含めて考えるシーズンが本格的にスタートしたと感じています。

例年は個人的には楽しみな夏競馬ですが、もとからたいした競馬力ではないところに、今年は他の用事も立て込んでいることも含め通常よりは沢山のレースの検討はしますが、比較的簡単に、と考えています。

まずはもしご覧になっている方がいたら、不発にご注意ください。

ちなみに金曜日の朝に掲載した展望記事は下記のURLです。
http://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/6268055.html
また土曜日の朝に掲載した展望記事は下記のURLです。
http://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/6272474.html

◆ユニコーンS
この時期の3歳馬はまだ成長途上で、いきなり覚醒する馬もいて注意です。またここのところ多くみられますが、穴人気とかではなくノーマークの逃げ馬や先行馬に注意と思います。要は今回のように強い馬がいると、騎手や陣営もやはりどうしてもその馬に注意が行くので、気楽に走る馬がいると思わぬ好走をする可能性があるのでは?と考えています。特に無観客なので若手騎手や普段勝運に恵まれない中堅騎手なども、いけそうだと感じればメイチの騎乗をする可能性があると思っています。特に近年固いと思われているような時ほど、人気に偏りが出て注意と思います。
また先のあるレースなので賞金加算ができそうもない時は着順は陣営や騎手本人にはあまり関係ない可能性があり、無理をさせない有力馬も出てくる可能性もあると思っています。
◎軸レッチェバロック
前走負かした馬が、次走の古馬混合戦で圧勝。多分地力は確実にあると考えます。
○キタノオクトパス
人気の盲点か?
▲ケンシンコウ
酒井騎手が遠征
★カフェファラオ
押えたい馬。
△オーロラテソーロ
今までの対戦では地力?と思いますが、ノーマークの先行ができれば。
△アポロアベリア
△キッズアガチャー

※多くの馬は人気ほど実力差がない可能性があると思っています。

◆函館スプリントS
展望に近いですが、メイショウショウブが穴予想家が軒並み指名していて、先行馬なので外枠もあり若干割引きと思っています。
むしろこれも展望に記載したグランドボヌールと土曜日に加えたティーハーフに注意と思います。ティーハーフは高齢ですが、騎手の動向からも注意が必要と思っています。メンバー的にもう1頭の同馬主の馬が比較的人気で、さらにこの馬は脚質的に嵌らないと難しそうですが、個人的な京都⇔函館の法則もあり注意と思います。特にこの馬は陣営側の戦略だと思いますが人気がないときしか走らないという特性があり、人気の盲点になっている今回は好走の条件もそろっていて注意と思います。

◆米子S
今年からサマーシリーズに組み入れられ、メンバーもかなり強力になった感じです。個人的な好みや考えで、展望に一部追加しますがミラアイトーン、カツジ、ハッピーアワー、スマイルカナに注意と思います。あとランスオブプラーナは他の先行馬が人気なのでノーマークになりそうで若干注意と思います。

◆一般レース
下記のデルマの馬は人気に関係なく注意と思います。
・青梅特別
カフェプリンスに注意と思います。
・津軽海峡特別
展望どおりレコンキスタ、ルプレジールに注意と思います。あとはユキノグローリーにも注意と思います。
・東京7R
デルマシャンパンに注意と思います。
・函館2R 
デルマラピスラズリと北所氏の2頭に注意と思います。
・函館3R 
大穴で難しいかもしれませんがデルマルビーに若干注意と思います。
・函館4R 
サービスエースに注意と思います。

◆新馬戦
日曜日発走分で、POGに新たに、
・東京5R
ロッソネーリ
・阪神5R
トウシンモンブラン、マコトオテギネ
を登録しました。これで10頭分すべて登録しました。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月21日(日)AM3時10分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ