競馬穴狙いの探求2(中央競馬中心の穴狙い予想)

競馬穴狙い予想を掲載しています。競馬歴34年(2022年現在)で中央競馬を中心に楽しんでいます。興行、スポーツなどあらゆる側面から考えて予想しています。不発にご注意ください。

(最新更新日:2022年5月14日 掲載日:2020年1月31日)

原則穴狙いの予想で馬・騎手だけではなく、興行面、オッズ、馬装具などあらゆる面から検討しています。当サイトは2020年2月からの記事を掲載しております。
・2005~20年1月までの記事
旧中央競馬予想日記

タウンクリニックドットコム・時代分ネット運営者概要タウンクリニックドットコム・時代分ネット管理サイト一覧

タイトル写真は2012年ころの観客席から見た東京競馬場の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2021.5までの記事

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
5月7日(土)14時50分くらいに掲載した「NHKマイルC、新潟大賞典他日曜日予想、ケンターッキーダービーなんちゃって予想」の記事は下記のバナーをクリックまたはタップするとご覧になれます。

中京12Rで2着のライズンシャインはいつもと同じパターンでタイミングと馬券種類は記載しませんが、オッズに違和感を感じる時がありました。

あとプリンシパルSで3着に敗れ、ダービーの出走権が取れなかったマイネルクリソーナは、現状ではダービーでは力不足だということがはっきりしましたが、個人的には残念です。また同じレースでマイネルよりさらに期待していたディナースタは前走と同じ戦法に出て、ダメでしたが、賞金的にもこのレースは勝たないといけないレースなのでしょうがないと思いました。ただこの馬も秋に向けて、特に来月からは斤量の利もあるので一般レースで狙っていきたいと思いました。ひとつ収穫はこのようなトラ
イアルレースで捲りができる脚力はあるということがわかったので、今後も引き続き狙いたいと思っています。ただレース振りから次走以降はそれなりに人気になる可能性もあると思っています。それからこのディナースタが勝ったレースで直線だけ脚を見せた友道厩舎の初出走馬のリッチブラック、また他のレースですが同じように初出走でいい脚を見せたジャパンブルーも引き続き今月以降にスムーズに出走してきたら面白いのでは?と思っています。

あと京都新聞杯で2着に敗れ、賞金の関係で惜しくもダービー出走がかなわなそうなヴェローナシチーは多分クラブ馬なので、メイチの勝負に出て、勝ちにいったのだと思いますが、コーナーのとんがった中京の4角前でまくり、開幕週のこのコースで外枠から外から追い上げるという、かなりの力技にでて、2着に入線しました。回りやコース形態も問わなそうな器用さもあり、今後は、それなりに人気になりそうですが、無視できない存在になりそうです。

阪神7Rではまたアナウンサーや入力する人泣かせの馬名のヴィルトゥオシタが2着に入線しました。この馬は前々走では一般レースでしたが、まったく人気薄で4頭が僅差でゴールして、3着に食い込み、ゴール前では勝つのでは?という見せ場までありました。結局3着で複勝は4740円でした。今回はその時ほど人気薄ではありませんでしたが、今回は2着に逃げ残り、やはり地力はある馬だということをみせました。今後もムラがあれば今回より人気のない時もありそうで、上手に狙えば面白そうな馬だと思いました。

◆今日のレースのごたく
・湘南S
出走する1200専門?と思っていたオシリスブレインが出走です。もちろん来月から始まる得意?の函館、しかもサマーシリーズに向けての休み明け1戦目と考えます。もちろん条件馬のままで参戦するのか、その前にオープン入りをかけてメイチの出走があるのかはわかりませんが、今回はマイルで、常識的には難しいのでは?と思っていますが、若干注意とは思っています。

また長距離以外ではまだ底を見せていないノースザワールドもオープン入りをかけての出走です。こちらはここで勝てば秋に備えたり、スプリント以外のサマーシリーズ参戦も可能になり、こちらも注目と思います。

・鞍馬S
こちらも来月の当地・中京のCBC賞から始まるサマースプリントシリーズに参戦する馬の叩き台?とも思える馬も多数混じっていそうな、勝負気配の読みが難解になりそうな、そういう意味では難しそうなレースになりそうです。そういう中で多分まったく人気はなさそうですが、また高齢馬のレインボーフラッグが出走です。クラブ馬なので馬場掃除目的の出走の可能性が高いと思いますが、他の有力馬にメイチでない馬が複数いた場合は、開幕週の中京の内枠で、メイチ騎乗の騎手の荻野琢磨騎手がこのレースのみの騎乗と、しかも高齢なので出走手当より、一気に着賞金を稼いだ方が効率がいい年齢になっていることもあり、他の馬が牽制し合っているようだと間隙をついて上位進出の可能性もあると思っています。

・NHKマイルC
桜花賞で期待に反して8着と敗れたアルーリングウェイは今回は強い勝ち方をした左回りに変わります。サンデーRの複数出しもありますが、前走は権利取りの後や右回りでの凡走で、ここはこのレースに照準を合わせていた可能性もあり若干注意と思っています。藤岡健厩舎の馬で、デビューから一貫して息子の藤岡佑騎手が騎乗しているのも加えて注目と思います。今回は有力馬が外枠や左回りでの実績のない馬もいて、人気ほど地力の差がない可能性もあり、特にまだ成長途上の3歳なので狙ってみても面白いかもしれない、と思っています。

またトライアルのニュージーランドTで少々違和感を感じたのは、勝ったジャングロと最後追い込んだマテンロウオリオンのゴール前の脚色です。というのもジャングロは現在「馬娘」(正直あまりよく知りませんが・・)の主催者であり、ここ近年は高額の馬を競り落としているアメーバの社長の馬です。私の眼にはゴール前で急にマテンロウオリオンの脚が止まったという風に見えてしまいました。錯覚かもしれませんが・・。

本番でも多分逃げるか先行しそうなジャングロですが、逃げれば体内時計の正確さがしられているレジェンド・武豊騎手が騎乗です。しかも馬は前述のような馬です。もしかしたらそのまま上位に残るので
は??可能性も考えておいた方がいいかも・・、と心の中で少々感じています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月8日(日)AM1時53分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今日はまだ土曜メインレース前ですが、早めにアップします。
ご存知と思いますが、不発にはご注意ください。

5月7日(土)午前中に掲載した「京都新聞杯他土曜日予想、日曜日展望3」の記事は下記のバナーをクリックまたはタップするとご覧になれます。


 5月5日午後に掲載した「追い切り、海外参考レースで気付いた馬など展望2」の記事は下記のバナーをクリックまたはタップするとご覧になれます。

5月3日夜に掲載した「先週の検証、今週の中央競馬展望1」の記事は下記のバナーをクリックまたはタップするとご覧になれます。


◆ケンタッキーダービーなっちゃって予想(ほぼ自信なし・・)
◎エピセンサー
○軸サイバーナイフ
▲パイオニアオブメディーナ
★チャージイット
△モードニゴール
注シンプリフィケーション

◆日曜日の予想
・NHKマイルC
◎ソリタリオ
○軸トウシンマカオ
▲インダストリア
★カワキタレブリー
△マテンロウオリオン
△アルーリングウェイ
注タイセイディバイン

・新潟大賞典
◎ダノンマジェスティ
○シュヴァリエローズ
▲アルサトワ
★レッドガラン
△トーセングラン

・鞍馬S
◎リンゴアメ
○サンライズオネスト

・駿風S
サウンドカナロア、ムスコローソ、トキメキ

・湘南S
ルペルカーリア、ウインレフィナード、ウインシャーロット

・立川特別
ダイワドノヴァン

・新潟12R
メシアン

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月7日(土)14時47分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
中央競馬穴狙い中心の今週の展望 に参加中!
5月3日夜に掲載した「先週の検証、今週の中央競馬展望1」の記事は下記のバナーをクリックまたはタップするとご覧になれます。


◆かしわ記念でのごたく少々・・
まず直接馬券にはあまり関係ありません。ご承知と思いますが話6分の1ぐらいで。聞き流してください。

地方競馬は詳しくないので、先日のこともあり、気付いたことだけ・・。

・詳細な事情は一切不明で、タイミング、馬券種類は記載しませんがオッズに違和感を感じた馬は下記のとおりです。
※ただこのレースでは現段階ではあまり他のレースほどは違和感は感じていません、
ショウナンナデシコ(若干)、サンライズサーカス、マイネルヘルツアス

・なぜ名古屋競馬や笠松の馬は一昨日のかきつばた記念ではなく、こちらに大挙出走したのか?などを考えてみました。
かきつばた記念では新・名古屋競馬の事実上は交流重賞のこけら落としです。しかも最初のゴールデンウィークです。ところが勝ったのは兵庫の馬、馬券外とはいえ健闘した地方馬も兵庫の馬です。そして当初人気になったのも吉原騎手騎乗の南関の馬、そして他の上位勢はすべていつものように中央勢が中心でした。結局愛知の4頭はそろって馬場掃除でした。

しかしかしわ記念では、愛知の今津博厩舎というところから3頭出し、出走手当目当て?と思われるホースケアの馬とはいえ笠松の馬も1頭出走です。そしてこれらの馬にはすべてコースを知り尽くした南関の騎手も騎乗します。もちろん出走するだけで、色々なPRにもなりますし、交流G1であるということもあり出走するだけで色々見入りもあるはずです。

地方からは他に地元南関からはこれは勝ち負けになる可能性十分のカジノフォンテン、そして伏兵になる地力がありそうなギャルダルも出走して、こちらは馬券の対象の可能性十分と思います。

今回も馬券は買えないので、ほぼ関係はありませんが、愛知の馬と、笠松のホースケアの馬がどこまで善戦できるかをひそかに注目しています。特にホースケアの馬は、高齢の場合はメイチで一つでも順位が上になるように、するほうが効率がいいこともあると認識しています。

いずれにしても上記の愛知や笠松の馬がまともに馬券の対象になるような地力があるとは、とても思えませんが、他の意味で地方競馬の興行の意味やしくみについて考えるのにはいい機会だと思っています。

◆ケンタッキーダービーの参考レース映像を見て
米国の多頭数の大レースは欧州とはかなり情勢がちがうという認識があります。3年前もごちゃついて順位変更のあった馬もいましたが、基本的に狭いコースに多頭数、トリッキーな競馬場というイメージで、地元の伏兵が多数いる可能性があると思っています。多分興行に対する考え方が日本とも、欧州とも多少違うのでは?と思っています。

個人的には現段階の注目で人気の有無は不明ですが、
パイオニアオブメディーナ、イシリアルロード、シンプリフィケーション、クラシックコーズウェイあたりに注意と思っています。またアーカンソーダービーで1・2着のサイバーナイフ、バーバーロードにも注意と思っています。

当初から人気になりそうな馬や日本馬は他で語りつくされていると思うので端折ります。

◆今週の直前追い切りを見て
・NHKマイルC
他に用事があるのかもしれませんがステルナディーアの追い切りには池添騎手が遠征して騎乗していました。

・新潟大賞典
単純に素人の私の単なる印象ですが、アルサトワが印象に残りました。人気の有無はわかりませんが個人的にはかなり注意と思っています。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月5日(木・祝)13時45分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
ゴールデンウィークなので、買えないレースですが、簡単に応援する馬だけ記載しようと思います。

ほとんど根拠もなく、手前味噌になりますが、金沢競馬の吉原騎手が騎乗するインペリシャブルを個人的に応援します。

名古屋競馬場は行ったことがありませんが、今度弥富に移って新装オープンしたみたいです。
名古屋はあまりくわしくありませんが、近鉄で夜に名古屋から四日市に行く途中で、通った近郊の町というイメージです。夜で満員の通勤電車なので車窓はおぼえていませんが、以前東名阪か何かで近くを通ったという記憶もあります。いずれにしても名古屋からそれなりの距離があるところに移ったという印象です。

名古屋市民や名古屋競馬にとっては、名古屋競馬の新装オープンのお祝いにもなるのかもしれないと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月3日(火・祝)13時32分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
4月23日(土)17時10分くらいに掲載した「マイラーズC、フローラS他日曜日予想」の記事は下記のバナーをクリックまたはタップするとご覧になれます。


日曜日の阪神の雨はかなり微妙のようですが、やはり基本的には大きな馬場悪化はなさそうです。

オアシスSに出走のアッシェンプッテル、新緑賞に出走のワカミヤプレストは今後もスムーズに出走してくるようであれば、次走以降は注意と思います。ワカミヤは芝の長距離を試した可能性もあると思っています。それからアッシェンプッテルは登録馬がひしめいていて、出走にこぎつけることが大きなハードルになっていると同時に、そのための調整が難しい可能性もあります。

・マイラーズCの高齢馬について
マイラーズCには高齢馬が3頭登録、出走のようですが、通常は出走の目的は、原則は「馬場掃除」など、大体想像ができます。ただ高麗馬の場合は、少しでも上位に入り、掲示板にでも載れば、着賞金は相当増えますので、その方が効率がいい場合もあります。地方では以前みかけましたが、出走手当目当てで有名な馬主「ホースケア」の人気薄の高齢馬がそのまま勝ってしまいました。結局出走手当を何回も貰うよりも、マークが少なく地力が足りていれば勝ってしまう方がはるかに効率がいいはずです。
※さらにこれはまったく見当もつきませんが、仮に人気薄の場合は高配当という、別の効率のいい投資も可能になるかもしれません・・。

なぜ高齢なのに走っているのか?という問題がそこには存在するはずです。もちろんまだ力がある、また出走することで他の有力馬を出走させなかったり、ライバルを減らす効果もあります。ただこれは想像の域ですが、最大の理由は「経済的な理由」ではないか?という印象です。高齢になるとなかなか転出の行先も決まりませんし、馬房さえ足りていれば引退するまで「馬場掃除」を繰り返すのが、ある意味人にとっても、馬にとっても最善の策なのかもしれません。

今回は、たとえばコース巧者のベステンダンク、まだハンデ評価の高いサトノアーサーなどは、馬さえ気持ちよく走れば、メンバーしだいでは~、という可能性もわずかですがあると思っています。

今回のメンバーではまともに走ればホウオウアマゾン、カラテは間違いなく地力上位です。前記2頭の実績は抜けていて、地力を出せばまず上位のはずです。しかしカラテは前走は引退調教師のレースでさらにその後の関西転厩というイレギュラーな要素があり、今回はまずは無事にこなして、おそらく大目標であろうと思う、安田記念にいい状態で出走させたい、というのが第1の目標のような気がします。
となれば、場合によっては取りこぼすだけでなく、馬券に絡まない可能性もあると思っています。
そしてエアの2頭あたりはまだ一線級との対戦が少なく現状ではオープン大将の域でこのレースで真価が試されます。レース振りを見た感じでは多分相当強いとは思いますが、相手の問題もあり、絶対はありません。それからレッドベルオーブは3歳のクラシック路線では一線級と互角でしたが、古馬になってからの実績はこれから試されます。それ以外のメンバーは昇級馬かムラ馬で現状ではまだわからない馬も多いのが現状です。

つまりここメイチに仕上げられた実績のある高齢馬は、他の馬の走りしだいでは場合によっては馬券に絡む可能性はあるのでは?と思っています。もちろんある程度根拠がある馬に限定されますが、上記2頭は可能性はゼロではないと思っています。

ただこれは馬に聞いたことはありませんが、賞金は馬がもらうわけでもなく、馬は自分がよほど本気で走るのが好きでなければ、レースの結果などどうでもいいはずです。

・フローラS
下記は個人的な想像というか、妄想なので実際の事情はまったく承知していませんので、その旨ご承知おきください。
このレースではこの先順調ならすでにオークスで騎乗馬が決まっている横山武騎手は、前走兄の横山和騎手で勝利したゴールデンアワーに騎乗します。当の横山和騎手はやはりお手馬のホウオウバニラに騎乗します。この2頭のどちらかがオークスの出走権を取れば、横山和騎手もオークスで騎乗できます。

となればレースもG2であり、このレースで好走してもそれなりの賞金ももらえることを考えれば、ここは2頭ともメイチで上位を狙う可能性も十分あるのでは?と感じています。どちらも大きな実績はありませんが、今回実際に重賞で一線級と互角の走りをした馬はほとんどいません。この2頭でも上位の可能性は十分にあるはずですし、まだ3歳の春で各馬の能力もまだ成長途上です。何年か前に現在は重賞路線を賑わしているフェアリーポルカもこのレースで大きな見せ場を作りました。当時は牝馬のレベルも高く、またこの馬もまだ成長途上だった可能性もありますが、不利と言われている外枠から東京の4角で大きく捲りました。東京2000の外枠は、よほど能力ががあるか、展開が向くか上手に立ち回らない限り、勝ちにいくような騎乗をしないとそのまま馬場掃除で終わってしまう可能性があります。

今回上記の2頭は少なくとも外枠ではありませんし、勝つまでは難しいにしても、馬券に絡むベース条件は満たしていると思います。予想では印がまわりませんでしたが、特に本人が騎乗するホウオウバニラは若干注意が必要かも、と感じています。

・鎌倉S
穴狙いなのであまり手を出しませんが、このレースで人気になっているレモンポップは、以前のレース振りを見る限り相当抜けた力があると思っています。この馬の能力の物差しには、土曜日に登録だけで出走しなかったケイアイドリーがわかりやすいと思っています。

ケイアイドリーは相当な実力馬と思っていますが、この馬をやはり少し前に差し切ったアドマイヤルプスは土曜日のオアシスSで勝ち負けになりました。またケイアイドリーとマッチレースをしたシゲルタイタンも少し前に楽勝してオープン入りしました。レモンポップも以前ケイアイドリーに負けましたが、その後は他の馬をちぎって勝っています。
これらの馬たちは、条件戦でいくら強い競馬をしても思わぬ大きなハードルがあります。
それはダートの短距離は登録馬がひしめいていて、順調に賞金加算ができないと、少しでも凡走すると、それをきっかけに出走ローテーションすら思い通りに組めない状況のようです。今後主催者側の総合的で適切な対応がまたれますが、現在のオープン馬たちは、そんな対策を待っているわけにはいきません。といっても毎回思い切り走っていたら馬がつぶれてしまいます。ケイアイドリー、レモンポップ、アドマイヤルプス、シゲルタイタンの4頭には今後も注目と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月24日(日)AM3時13分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ