競馬穴狙いの探求2(中央競馬中心の穴狙い予想)

競馬穴狙い予想を掲載しています。競馬歴34年(2022年現在)で中央競馬を中心に楽しんでいます。興行、スポーツなどあらゆる側面から考えて予想しています。不発にご注意ください。

(最新更新日:2022年5月14日 掲載日:2020年1月31日)

原則穴狙いの予想で馬・騎手だけではなく、興行面、オッズ、馬装具などあらゆる面から検討しています。当サイトは2020年2月からの記事を掲載しております。
・2005~20年1月までの記事
旧中央競馬予想日記

タウンクリニックドットコム・時代分ネット運営者概要タウンクリニックドットコム・時代分ネット管理サイト一覧

タイトル写真は2012年ころの観客席から見た東京競馬場の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

先週の検証と注目馬

ブログネタ
中央競馬穴狙い中心の今週の展望 に参加中!
昼過ぎに記載した「かきつばた記念なんちゃって予想」はまったくでした。
これで現在の私の状況が想像できると思いますので、ご承知とは思いますが、話3分の1程度でお願いします。

超ハードスケジュールの武豊騎手は土曜日東京で2勝、日曜日京都3歳ダートオープンで3着、交流重賞かきつばた記念で2着でした。この後は明日は園田、明後日は船橋の交流重賞で、土曜日は不明ですが、日曜日は東京でNHKマイルCに騎乗予定です。大きなレースではまだ勝ってはいないので、まだまだ勝負レースがある可能性が高いと思っています

◆先週の検証
スイートピーSで直線向いたところでそれなりの動きを見せたニシノメグレスには今後も注意と思いました。また前出の武豊騎手が騎乗で端午Sで3着に入線したファーンヒルもゴール前で一瞬の脚を使って3着に入った感じもあり、今後は注意と思いました。ただいずれも芝の道悪や脚抜きのいいダートなど、良馬場の時にどうなのかなど、色々ハードルはあると思っています。

天皇賞・春は勝った馬の強さが目立ったように思いましたが、220以下の距離適性や、左回りや、また突かれた時にどうなのか?などのハードルもあり、パンサラッサやジャックドールなどの馬に捨て身で絡まれた時にどうなのか?またこれ以降はマークもきつくなりそうなので、課題も色々あると感じました。また私は穴狙いなので、今後は人気になりそうなこのようなタイプがつぶれた時のパターンを考えた方が、よほど配当的にも面白そうなのでそちらの機会を待つ方がよほど効率がいいのでは?とも考えます。

◆今週の展望
すべて現段階の注目で変更の可能性があります。先週までに色々と記載した、3歳の注目馬の一部がすでに特別登録をして出走の可能性があり、その2頭が出走予定のプリンシパルSを何よりも楽しみにしています。
・NHKマイルC
穴になりそうなタイプではソリタリオに注意と思っています。

・新潟大賞典
ラストドラフト、ステラリア、ラインベックあたりに若干注意と思っています。

・京都新聞杯
出走してくれば青葉賞を回避した以前からの個人的注目馬のマイネルクリソーラに注意と思っています。他ではヴェローナシチー、ショウナンアデイヴに若干注意と思っています。

・プリンシパルS
まずは先々週の未勝利戦で強い勝ち方をしたと感じたディナースタに注意と思っています。また京都新聞杯同様にダブル登録でこちらに出走してくれば青葉賞を回避した以前からの個人的注目馬のマイネルクリソーラに注意と思っています。

・鞍馬S
登録馬が多くなかなか出走馬が特定できませんが、サンライズオネスト、マイネルアルケミー、リンゴアメが出走してきたら注意と思っています。

・谷川岳S
ノルカソルカに若干注意と思っています。

・メトロポリタンS
ヤシャマルに注意と思っています。あと人気の度合いはわかりませんがフライライクバードも若干注意と思っています。

・駿風S
トキメキに若干注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月3日(火・祝)21時03分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
中央競馬穴狙い中心の今週の展望 に参加中!
中途半端な時間ですが、用事の合間にこの時間だけ少し空いたのでアップします。

先週も一部を除いてまったくでした。
事務的ですが、今週も適度に頑張りたいと思います。

◆先週の個人的注目
先週に限ったことではありませんが、相変わらずオッズに違和感を感じる馬が何頭かいました。
全部を見ているわけでもなく、また見ている分でも顕著な例を少々紹介すると・・

★日曜日の分
福島2R、2着のナイルプロジェクト
福島3R、2着のシゲルツキミザケ
福島4R障害未勝利戦、1着ヴァーダイ
※新人の小牧(息子)騎手が、所属の音無厩舎の馬で初勝利です。 
※ちなみに個人的注目だったオノーレペスカは大きく出遅れたわけでもないのに、何故か離された最後方からのレースになりました?騎乗の大庭騎手はこの馬をお手馬にしていた地元一家の大江原騎手(本人は茨城出身)が落馬負傷のピンチヒッターでした。手が合わなかったのでしょうか???
鎌倉S、2着のファシネートゼット
※この馬は締切少々前の複勝オッズが10倍でしたが、確定は6.5倍でした。

・・ほんの一例です。

★個人的注目馬
・阪神4R初出走でまったく人気薄(単勝9倍)で5着の大久保龍厩舎のジャパンブルはレース振りから注意と思いました。

◆今週の展望1
・天皇賞・春
よく見ると友道厩舎が3頭出しで、それぞれ金子氏のユーキャンスマイルは同馬主でハヤヤッコが国枝厩舎から登録(騎乗予定は武豊騎手)、ヒートオンビートは社台RHの同馬主のシルヴァーソニックが登録、そしてヴァルコスです。
そして社台RHと同じ社台F生産で、ヴァルコスの馬主・大魔神こと佐々木氏と同じ仙台が地元の島川氏のトーセンカンビーナ。さらにハヤヤッコの国枝厩舎はさらに同厩舎でハーツイストワールが登録です。このように複雑ですが、実際にどれくらい友好関係があるのかはわかりませんが、こじつければ上記の7頭はなんらかのつながりがある可能性があります。

それから大本命で多分単勝でダントツ人気になりそうなディープボンドは大久保龍厩舎で、今回は出走していませんが矢作厩舎と大きな友好関係があると思われます。またその矢作厩舎と同じように大きな友好関係があると思われる美浦・林厩舎のクレッシェンドラヴ、ロバートソンキーも出走予定です。
クレッシェンドにはこれまた矢作調教師のお父さんと大井で友好関係があったと思われる内田騎手が騎乗予定です。

そしてディープボンドに次ぐ人気になりそうな菊花賞馬のタイトルホルダーですが、この馬の生産はあの故・岡田総帥の実弟の運営する岡田Sです。そしてこちらも出走予定の人気ホース・メロディーレーンも同じ岡田Sの生産でこちらは馬主も岡田牧雄氏本人です。

上記のように大きく分けると3つの大きな勢力になっている可能性があるかもしれない、と個人的には想像しています。

穴の注目は馬場状態や枠順も関係ありそうで、現段階での印象ですが、ハヤヤッコ、ヴァルコス、トーセンカンビーナあたりに注意と思っています。

・青葉賞
ここは人気になりそうですがまだ全G1制覇の可能性が十分あり、ホースマンの夢でもあるダービーに出走できるかどうか、がまず大きな関門のダノンギャラクシーに注意と思っています。また穴になりそうなところではマイネルクリソーラに若干注意と思っています。私は原則血統は知識もなく、あまり興味もないのですが、今まで多くのレースを観戦したうえで経験則的に、、長距離とダートはある程度血統の裏付けが必要と思っています。この馬の母の母の父がサッカーボーイです。根拠はまったくありませんが、ひそかに面白そう、と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月25日(日)15時02分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
中央競馬穴狙い中心の今週の展望 に参加中!
先週も予想として記載した馬はさっぱりでした。
ただそれ以降のオッズやパドックの状況からは下記のように色々なことを感じました。
ということで、今さら記載してもしょうがないし、お気付きになった方も多いと思うのですが、桜花賞では2着のウォーターナビレラ、3着のナムラクレアはタイミングや馬券種類は記載しませんが、オッズにかなり違和感がありました。特に2着のウォーターナビレラはここまで人気にならないのでは?という予想だったので、締め切り後の人気自体に違和感がありました。それから中山メインで勝ったヴィントヴォーチェは通常は見ていないのでチェックしていませんでしたが、このレースに関していえば馬装具に違和感を感じました。また3着のシャンデリアムーンもあるタイミング、馬券種類でオッズに違和感がありました。

・皐月賞
ここのところ継続して注目している岩田康騎手の動向に注意と思っています。特に大手生産者の馬の先行馬に騎乗予定で、中山2000は逃げ切りは難しいコースで、馬場も外差しが決まり始めていますが、岩田康騎手はかえってその認識を逆手に取るタイプで、嵌れば大駆けも可能と思っています。川田騎手は先週追い切りで遠征して、桜花賞で騎乗して優勝したスターズオンアースと今回騎乗予定のダノンベルーガの1週前追い切りの両方に騎乗しましたが、根拠はありませんが桜花賞で優勝したので、今回はかなり人気になりそうですが、個人的には逆に少々割り引いて「紐」程度に考えています。むしろ今回美浦に追い切りで遠征したルメール騎手のイクイノックスの方に注意と思っています。本来は「炎の十番勝負22春」で指名したキラーアビリティが個人的には当初の本命と考えていました。他の穴候補は下記のとおりです。
デシエルト、アスクビクターモア、ジャスティンパレス、ジャスティンロック

・アンタレスS
ライトウォーリア、ヒストリーメイカー

・福島民報杯
ウインアグライア、ウインマイティー

・京葉S
エイコーン


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月14日(木)AM7時12分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
中央競馬穴狙い中心の今週の展望 に参加中!
先週は馬券的には最終的にはある意味偶然何とかなりましたが、基本的にはまったく不発でした。

一番困ったのは阪神の天気でした。
当初は大雨の予報はなかったと思いますが、週末までに本格的な雨の予報になりました。ところがまたやはりそれほど降らないのでは?という予報に変わったように感じました。ところが当日の朝以降は、やはりそれなりに降る予報に変わったように思いました。しかし実際は午前中は降りましたが、昼以降は雨雲レーダーでも降る予想なのに、意外に降らないで大きな道悪にはなりませんでした。

ただレースでは道悪巧者や先行馬が残り、逃げたジャックドールと番手のアフリカンゴールドだけつぶれたような結果になりました。好位の馬が上位を独占した感じになりましたが、唯一追い込みで上位に入選したアリーヴォは道悪巧者でもあり、さらに予定のルメール騎手が乗り替わりで、武豊騎手とはいえ、急遽の乗り替わりで、掲示板くらいはあっても馬券に絡むのは?と考えていた方も多かったのでは?と思います。

勝ったポタジェも騎手は本来金子氏の馬では出走予定だったソダシがお手馬で、こちらも急遽の乗り替わりです。またレイパパレも良馬場に近い状態であれば、昨年の大阪杯の勝利以来は、それなりの順位であっても、強いという印象はなくなっていました。

実は二転三転して道悪になるという天気予報が朝出た段階で、道悪巧者のワイドを別に押さえたので、取り紙にはなりませんでしたが、勝負的には完敗で、朝の道悪予報にたまたま救われただけで、実力でも何でもない結果でした。修行のやり直しかもしれません。

また先々週のマーチSを除外になった個人的注目馬のタイガーインディは事情は不明ですが、今週の卯月Sには登録さえしていませんでした。今度出走したら狙おうと思っていたので残念です。

◆今週の個人的注目馬
現段階での注目で今後変化する可能性があります。
・桜花賞
このレースで追加登録した馬が2頭いました。ライラック、クロスマジェスティです。なぜかは不明ですが、基本的に桜花賞でも勝負になると判断したか、または馬主さんの要望ではないかと想像します。両頭とも勝っているのでまだ奥がある可能性もありますが、個人的には現状ではライラックの方が勝負になるのでは?と思っています。あとはやはりアナモネSで2着だったラズベリームースは美浦の林厩舎、また1週前追い切り騎乗のために関西からわざわざ坂井騎手が遠征してきたラブリィユアアイズ、そして6頭の400万のうち2頭出走できる抽選待ちのグランスラムアスク、パーソナルハイは矢作厩舎です。今回は矢作厩舎の馬が主役の可能性は低そうですが、もし矢作厩舎の馬が1頭でも出走できれば、再度いわゆる変則3頭出しが完成します。今年は完成度ではサークルオブライフ、ナミュール、まだまだ途上可能性があるサブライムアンセム、そして距離がどうか?という感じのナムラクレアあたりが現状の評判は上位そうですが、どの馬も現在までの地力では圧倒的な馬はいなそうで、ライラックやラブリィユアアイズ、またラズベリームースや抽選待ちの2頭でも上位の可能性はあるのでは?と思っています。

・阪神牝馬S
実績馬ではありませんがラルナブリラーレに注意と思っています。

・ニュージーランドT
サーマルウィンドに注意と思っています。

・春雷S
登録馬が多く、出走する馬の予想も難しい状態ですが、仮に出走してくればラヴィングアンサー、リンゴアメあたりに注意と思っています。また新潟開催が目標と思われますがビリーバーにも若干注意と思っています。

・大阪ーハンブルクC
ナオミラフィネに注意と思っています。

・卯月S
もし出走してきたらロジペルレストに注意と思っています。

・忘れな草賞
桜花賞のところで触れた矢作厩舎の2頭、グランスラムアスク、パーソナルハイが出走してきたら注意と思っています。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月6日(水)15時53分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
中央競馬穴狙い中心の今週の展望 に参加中!
別サイト「競馬の楽しみと競馬談義」に3月29日昼くらいに「新穴馬列伝ー3・オギハーモニー」をアップしました。もしご覧になる方は下のバナーをクリックまたはタップするとご覧になれます。


高松宮記念で一番不思議だったのは、あの人気で最有力のレシステンシアがなぜあんなに強引に逃げたのか?また父親が騎乗のロックオンキュー、甥っ子の菊沢騎手のキルロードも加え3頭で1頭分をのぞくほぼ内の先行ポジションを直線半ばまで取ったのか?ということです。結局横山一族は一番人気のないキルロードが勝ち負けまで残りました。他の有力馬はその外を通るか、さらに内を進んだ勝ち馬のように最内を突くしか選択肢がなかったように見えました。勝ち馬はもとから内枠で、最初から内を突くつもりだったようです。となれば外を回るしかなくなり、馬場状態もコース形態も外枠で、外を回ると大きなロスがある状況では、いい脚を使っても届かないのはいたしかたないのでは?と感じました。
もちろん個人の妄想ですので、多分違っていると思いますが・・。
ごたくが長くなりました。

・大阪杯
信憑性はわかりませんが、大阪杯はネットの出走馬予想サイトでは出走予定だったそこそこ有力馬が様々な理由があるようですが、回避になったようです。これはそれぞれの馬の状況がたまたまかさなったのかもしれませんが、もしかしたらただでさえエフフォーリアも強いのに、さらに金鯱賞できわめて強い勝ち方をした逃げ馬・ジャックドールの参戦による可能性も多少関係している可能性もあるのでは?と感じています。特にジャックドールはは逃げ馬なので、本当に強いとなかなか他の馬にはチャンスがありません。仮にエフフォーリアがいくら強くても、金鯱賞のように逃げられて、最後の直線でのあの馬の様子をみると、とても後ろから差し切るというのは・・、という感じになってもしょうがないかもしれないと思っています。

ただ偶然回避した馬が皆、本当にそれぞれの事情を抱えているのかもしれませんので、その辺は業界内の事情通の方たちのコメントがあるかもしれないと思っています。

回避馬で特に注目は金子氏の馬が有力な馬も含め2頭回避したことです。
金子氏は年初ににかなり思い入れが強い可能性のあったワグネリアンが急死しました。ワグネリアンの母親は北海道地震で急死、さらに父のディープインパクト、母父のキングカメハメハ、母母のブロードアピールが次々と亡くなりました。ほとんどは金子氏ゆかりの名馬級の馬たちです。

そのタイミングから約3か月、そして今年最初の中距離芝のG1と、ここは金子氏はどうしても少なくとも上位馬を出したい条件だったと思います。これをどう考えるか?は人それぞれだと思いますが、今後どこかで春のG1を複数出しで狙ってくるのでは?と思っています。おそらく今回は当初から出走予定のポタジェ、あとはあらたにマカヒキを加えた2頭出しでのぞむ感じのようです。ただポタジェは実績はありませんが、一線級とはほぼ互角の地力がありそうで、上位の可能性はあると思っています。

それからこれらはかなり難しそうですが、スカーフェイス、ショウナンバルディの2頭も一応入着候補として若干注意は必要と思っています。

ということでつきなみですが現段階ではジャックドール、エフフォーリア、ポタジェ、穴?では前述にはありませんがウインマリリン、それから難しそうですが大穴でスカーフェイス、ショウナンバルディあたりに注意と思っています。レイパパレは前走の様子からジャックドールが逃げつぶれたり、道悪にならないかぎり割り引いて考えています。

・ダービー卿CT
穴?ではミッキーブリランテ、ギルデッドミラーあたりに注意と思っています。他では多分人気になりそうですがカイザーミノルに注意と思っています。あとは穴ではこれも難しそうですがインターミッションも若干注意と思っています。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在3月29日(火)16時20分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ