競馬穴狙いの探求2

競馬歴32年(2020年現在)で中央競馬を中心に楽しんでいます。原則は穴狙いで、興行、スポーツなどあらゆる側面から考えて予想しています。

競馬歴は2020年で32年目です。2005年以来競馬ブログを趣味で続けていましたが、このたびURLを急遽変更しました。

2020年1月までの記事は下記のURLです。
「競馬穴狙いの探求」
https://keiba-ananerai.blog.jp/

原則穴狙いです。
まずはご覧になった方は不発にご注意ください。
興行的観点、馬や騎手、陣営の戦略、オッズ、馬装具などあらゆる公開情報を駆使して、穴狙いを中心に馬券を楽しんでいます。

サイト制作・管理者
「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」
東京都在住(大阪生まれ、埼玉県育ち)
証券会社(17年間)、保険会社および保険代理店会社(約10年間)において営業活動(現在は廃業)
2004年より医療関連サイトのグループに所属
2007年タウンクリニックドットコム立ち上げ
現在に至る
連絡先:info@town-clinic.sakura.ne.jp
※ブログルールにより上記メルアドを手入力するなどしてご利用ください

【新型コロナウイルスについて】
現状は営業先など活動上当方、先方の双方に影響がないようにできる限り不要な外出や、訪問をしないことを心がけて活動をしている状況です。今後も状況をみながら柔軟に対応していく所存です。


スプリンターズS

ブログネタ
G1やサマーシリーズなどの競馬展望・炎の10番勝負など に参加中!
先週はコントレイルの強さに脱帽でした。
同時にロバートソンキーにはビックリしました。
当初に遠征馬といっておきながらビターエンダーの取捨しか頭にはなく、他の馬にはまったく気が回りませんでした。
伊藤騎手もここ1本勝負で、ちょうど障害の山本騎手は引退でしたが、今年は少し年期の入ったおじさんになりかけ騎手の活躍と進退が同時進行のようです。

両場の重賞は最初の展望どおりに買っておけば、と後で悔やみましたが後の祭りです。
神戸新聞杯の検証は「炎の十番・・」で。

◆先週の検証
見ていて気になったのは下記の馬です。
・土曜日中京ヤマボウシ賞デュアリスト
これは穴ではありませんが、かなり強いとみました。
・日曜日中山5Rロードトゥフェイム
これは最後の脚が他の馬とまったく違う次元に見えました。
・日曜日中京7Rクリノカサット
地力はやはりありそうです
・日曜日中山12Rラインギャラント
追い込んでいい脚を使いました。次走でかなり期待しています。
※以前から注目している馬も混ざっていますが、穴を狙うので、まだ次走も追いかけてみたいと考えています。

◆今週の重賞展望
現段階での見解です。
・スプリンターズS
先週の水曜日に掲載した「炎の十番勝負2020秋1・スプリンターズS編」に主要な展望を記載しました。下記のURLをクリック(またはタップ)してご覧ください。
https://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/6875798.html
クリノガウディーが今回レーティングで上位に入り賞金では足りませんでしたが、出走がかないました。
今回のレーティング自体がきわめて特殊な条件で評定されている可能性があり、個人的には妥当な評価と思いますが、ハンデキャッパーには難しい判断だったのでは?と感じました。
ただクリノガウディーは報道によれば少々ノドの問題を抱えているようで、今週は気温も湿度も比較的低目のようで、微妙な情勢と思っています。「炎の十番・・」は別にして、馬券は現段階では個人的には穴狙いなので展望に記載した森田厩舎、引退間近?の星野厩舎の宮本氏&増田氏軍団の単複で組み立てようと考えています。

・シリウスS
エムオーグリッタ、グレートタイムに注意と思っています。

◆炎の十番勝負2020秋検討2
ともにしばらく工事中になる京都で行われるので、個人的な京都⇔函館の法則も含めて考えます。今年の3歳馬はどちらも無敗の三冠馬が誕生する可能性があり盛り上がりそうです。
・秋華賞
原則はデアリングハートタクトでしょうがないと思っていますが、牡馬ほどは力差はないと考えています。また今年は牡馬はトップの馬以外は現状ではまだ全体のレベルは地力不足の可能性があると思っています(こういう世代は来年以降に思わぬ強い馬が出る可能性がある場合もあると思っています)が、牝馬は斤量が軽いとはいえ重賞などオープンクラスの古馬や牡馬との混合戦でことごとく強力な先行馬が好走しています。先々は伸び悩む可能性はあるかもしれませんが、現段階ではかなりのレベルと思っています。ということで先行の有力馬であるマルターズディオサ、ウインマリリンは逆転の可能性もあると思っています。そしてローズSで不利な中京の4角の外側から追い込んだクラヴァシュドールに注意と思っています。あとは出走が微妙ですが可能であればローズSで同様だったリリーピュアハートも地力は互角と感じました。

個人的にはデアリングハートタクト、ウインマリリン、クラヴァシュドールの3頭でまだ迷っています。

・菊花賞
今回の神戸新聞杯でもコントレイルは他の馬を子供扱いという感じでした。
ただ競馬はやってみなければわかりません。原則はコントレイルと思っていますが、個人的には穴狙いなのでセントライト記念で逃げ切ったバビット、神戸新聞杯でいい脚をみせたヴェルトライゼンデあたりにも注意と思っています。また全く大穴になりそうで難しそうですが神戸新聞杯での4角~直線の様子でマンオブスピリットも注意が必要と思っています。今回は勝つかどうかまでは微妙だと思いますが、馬券に絡む可能性は十分と思っています。

◆白山大賞典なんちゃって予想
前回もまったくだったうえ、今回は即PATのみなので買えませんので超簡単に。
多分勝つことは難しいと思いますが、地元吉原騎手騎乗のリンノレジェンドを応援したいと考えています。

実は私の家系は両親とも金沢の家で、戦争などの関係などで中国から引き上げてきたり、関西に住んでいた時期もありましたが、以前は中央競馬とは無縁に近い地方(長らくテレビでも見られず、中スポも前日夕方には買えず)だった北陸もそろそろ野球(昭和51年に初めて星稜が夏にベスト4になりそれ以降は上位の常連に)やサッカー(同じく星稜がここ近年は全国的強豪に)よろしく競馬でもハイレベルになるように、とひそかに祈っています。
※ちなみに昭和51年の星稜の3回戦の天理戦と準々決勝の銚子商戦は甲子園のアルプススタンドでわざわざ関西に出てきた金沢の親戚と一緒に星稜の応援をしていました・・・。

今日は最後にごたくですみませんでした。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在9月29日(火)AM1時17分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
G1やサマーシリーズなどの競馬展望・炎の10番勝負など に参加中!
テレ玉杯オーバルスプリントは完敗でした。
これだけ絞り込めるレースで無印の1頭が勝利で、入着3頭中2頭が無印と、話になりませんでした。
ただでさえ中央でも苦戦しているのに、やはり地方交流重賞は見物料程度にしておきたいと思います。

◆神戸新聞杯
・遠征馬の最近の重賞の好走について
先日遠征関東馬について記載しましたが、反対も然りでした。考えてみれば先週(というより月曜日ですが)のセントライト記念は中山で行われましたが、勝ったのは関西馬、4着、5着も関西馬で大きな凡走はありませんでした。

・ビターエンダーの件の追記
ビターエンダーは個人的に昨秋~今春にかけて個人的に注目した10月15日の台風の代替競馬で行われた東京の2000mの新馬戦の出走馬です。
※このレースは馬場もそんなによくはありませんでしたが時計もそんなに目立ったレースではありませんでした。勝ったのは現在2勝Cに勝ち上がったフローズンスタイルでした。注目は逆に負けた馬で3着のビターエンダー、4着のミッキーハッスル、5着のレッドライデン(現2勝C)、6着のマイネルデストリョはすべて次の次走で強い勝ち方で勝利しました。またもたついていた他の馬では殿り負けで9着のアルディエンテは4月に、2着のミスミルドレッド、8着のサクラヴァルールも先日の8月末から9月初旬で勝利して未勝利を脱出しました。ただ1頭だけ7着だったスピッツェンバーグは結局7~8着あたりをくりかえして未勝利脱出ができませんでした。

要は個人的な思い入れもありますが、あまり目立ちませんがこのレースに出走した馬はどの馬もそれなりの地力を秘めている可能性があるのでは?と思っている、ということです。ただ本当の一線級とは若干差があると思いますが、その分タフな実戦で揉まれて地力をつけてきたのでは?と考えています。やはり軽視は禁物と思っています。

◆オールカマー
神戸新聞杯やセントライトと同様に考えれば、この状況の中で得意コースや他の有力馬の動向などの問題もあるとは思いますが、この状況の中で関東に遠征する関西馬はそれなりに勝負度合いが強いのでは?と考えています。そういう意味ではステイフーリッシュ、センテリュオが出走してくれば注意が必要と考えています。

ただ2000m以上の少頭数のG2戦ということもあり、他の出走目的も考えられるので、この辺は注意と思っています。たとえば追い切りで騎乗予定騎手が騎乗するかどうかなども、そのシグナルのひとつの可能性もあると思っています。条件さえそろえば、この2頭の単複のみで、というのも、もうかるかどうかは別にして馬券戦略の一つかもしれないと考えています。

関東馬では、本来馬が一番適したコースと距離で、七夕賞勝利後は残りのサマーシリーズに見向きもせずにここにそなえた感があるクレッシェンドラヴにも注意と思っています。

本来人気になりそうな3頭はどれも強いのですが、先を考えた調整の段階の可能性もありつけ入る隙は十分あると思いますが、脚質的な部分と今までの実績から重賞制覇がかるカレンブーケドールはかなり勝負度合いは強いと考えています。

◆炎の十番勝負2020秋検討1
・スプリンターズS
予想番組や重賞予想サイトなどではグランアレグリアとモズスーパーフレアの2頭に人気が集中しているように思えます。
たしかに条件や現状近走の走りを見ると勝つのはどちらかという感じがします。ただ単純に賞金やローテーションだけで考えると本番に弱い、という評判になっているダノンスマッシュはスプリントは絶対欲しいタイトルであり。またこの馬は他に勝てそうな大レースも現状では見当たらない、ということです。(本当はマイルでも強そうですが・・)また仮に香港に出走できる運びになったとしても、使い出しが前走でまだかなり間があります。また昨年はローテーションもここ1本という感じではなかったし、これは想像ですが春は暮れの香港が入り調整が難しかった可能性があると思っています。

個人的には現段階ではダノンスマッシュに注目と考えています。


他ではやはりローテーション的に昨年は直線一旦先頭(「モズの番手になって先頭を伺って」でした・9月29日AM10時53分くらい修正)に立って見せ場たっぷりだったミスターメロディが候補と考えています。レッドアンシェルも地力はほぼ互角と思いますが、今年はサマーシリーズと賞金加算目的か夏場に休養しなかったので、少々割引きと考えています。ただ一雨降れば一変もあると思っています。あとはエイティーンガールは道悪の鬼だったのか?もしくは覚醒したのか?と思いますが、後者だった場合はまとめて料理できる可能性も十分と思っています。それから上記の有力馬が不発の場合はダイアトニックの出番と思います。特に春の連続したハプニングに加えて夏の使い出しも大敗と、ストレスが相当だったはずなので陣営はメイチで勝負と思います。

あとこれは直接十番勝負とはあまり関係ないかもしれませんがこのレースにいつもの常連の宮本氏の2頭と増田氏の2頭が登録してきました。厩舎でいえば3頭はお馴染みの森田厩舎、キングハートのみ引退間近の星野厩舎です。当時は星野騎手といえば現役時代は現在も更新されていない障害レース最多勝や今でいうJG1レースを何回も優勝した名手といわれていました。調教師としては大きな実績はありませんでしたが、最後に一発勝負をかけたいところだと思います。

森田厩舎などの複合軍団は今回は順調であればフルセットで4頭出走可能です。どんな目的かはわかりませんが、どの馬かが馬券に絡んでくる可能性は十分あると思っています。(もちろん2~3着候補と思いますが・・)

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在9月23日(水)20時55分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ