競馬穴狙いの探求2

競馬歴32年(2020年現在)で中央競馬を中心に楽しんでいます。原則は穴狙いで、興行、スポーツなどあらゆる側面から考えて予想しています。

競馬歴は2020年で32年目です。2005年以来競馬ブログを趣味で続けていましたが、このたびURLを急遽変更しました。

2020年1月までの記事は下記のURLです。
「競馬穴狙いの探求」
https://keiba-ananerai.blog.jp/

原則穴狙いです。
まずはご覧になった方は不発にご注意ください。
興行的観点、馬や騎手、陣営の戦略、オッズ、馬装具などあらゆる公開情報を駆使して、穴狙いを中心に馬券を楽しんでいます。

サイト制作・管理者
「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」
東京都在住(大阪生まれ、埼玉県育ち)
証券会社(17年間)、保険会社および保険代理店会社(約10年間)において営業活動(現在は廃業)
2004年より医療関連サイトのグループに所属
2007年タウンクリニックドットコム立ち上げ
現在に至る
連絡先:info@town-clinic.sakura.ne.jp
※ブログルールにより上記メルアドを手入力するなどしてご利用ください

【新型コロナウイルスについて】
現状は営業先など活動上当方、先方の双方に影響がないようにできる限り不要な外出や、訪問をしないことを心がけて活動をしている状況です。今後も状況をみながら柔軟に対応していく所存です。


ダンツエリーゼ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日も相変わらず不発嵐でした。

京都は結局一日中雨が降って馬場はかなり悪化した感じです。
東京は逆に日曜日も雨がまだ残りそうな予報でしたが、こちらは思ったよりは悪化していない感じです。
新潟はほぼ雨は大丈夫でしたが、夏の馬場状態を引き継いでいる感じで、時計云々もありますが、ある程度はスタミナも要しそうです。

とにかく平場のレースも含め不発嵐なので、先日も記載しましたが、ご覧になっている方がいたら、反面教師に参考にしてください。日頃の修行が足りないので、近日中に他のサイトも含め整備するときに、サイトを構築しながら馬券力も構築できるように考えたいと思っています。

当然馬券もほどほどにしますが、予想もほどほどにしたいと思います。一般レースは参考程度に本当に若干注意という馬のリストだけ記載しますが、承知と思いますが不発にご注意ください。

◆秋華賞
ちなみに下記に予想は記載しましたが、折角G1だし、個人的予想は不発嵐なので個人的に想像したうがった話(与太話)を少々記載します。

★その1.今のご時世に合わせた与太話
中央競馬会は厳密にいうと農水省管轄の政府機関です。
だからどうだという話ではありませんが、以前の有馬記念でも米国のテロの年には偶然かもしれませんがマンハッタンカフェとアメリカンボスで決まったり(あまりいい話ではなく失礼しました)、数年前の皐月賞はアルアインとペルシアンナイト(ともに中東の地名を含む)などその時代の世相を反映したかのような決着だと感じることがたまにありました。
もちろん単なる偶然だとは思いますが、出走馬や枠順などもそれに反映するように決まっているのではないか?と感じる時もありました。

前置きが長くなりましたが、さて今回は菅新内閣がスタートしました。
秋のG1はスプリンターズSがすでにあったではないか?
と思われると思いますが、新内閣が実際に始動したのは9月中旬で、その時はすでに出走馬など大枠は決まっていたはずです。内閣がスタートしてから、登録馬など組み立てが可能なのは、今回の秋華賞が最初のはずです。

さらに今回は来週の菊花賞とともに、牡馬、牝馬がそろって無敗の三冠馬が誕生するかもしれないという歴史的なレースのひとつになる可能性があります。
しかもどちらも大手生産者出身ではない馬たちです。菅首相も世襲ではなく秋田から上京して苦労を重ねて今の地位にたどり着いたという経緯もあります。

ということでス新内閣にゆかりのありそうな、馬をさがしてみました。
・ソフトフルートという馬名はHPではいちごの意味だそうです。(菅首相に実家はいちご農家です)
・くわしくは下記の10月14日の記事に記載しましたが、マルターズディオサに騎乗の田辺騎手は東北出身です。(福島県)、東北の人はその地域ごとに結びつきが強いですが、東北全体にも愛着があるという個人的な印象があります。
・デアリングタクト、ミスニューヨークの杉山調教師は神奈川県出身です。(菅首相の政治家人生は神奈川でスタート)

★その2.厩舎や騎手など陣営の話
・杉山厩舎の念の入ったこのレースへの準備?
当日京都は秋華賞と同じ条件の芝2000のレースが他に2鞍あります。5Rと7Rです。
杉山厩舎は秋華賞に騎乗するデアリングタクトの松山騎手は7Rに、ミスニューヨークの長岡騎手(騎乗停止の加藤騎手から乗り替わり)を5Rに自厩舎の馬で騎乗するように出走させます。
どちらにもコースの状態などを事前に見てもらう効果があると思っています。
本命と思われるデアリングだけではなく、ミスニューヨークも同じように対応している、念の入れようです。

・松田厩舎の話
その1で記載したソフトフルートの松田調教師は私の計算が正しければ来年の春に定年になります。ここ最近はG1には縁遠くなっていて、厩舎にもG1で勝ち負けになりそうな馬は少なく、この馬のほかではタイムフライヤーくらいです。G1はこのタイムフライヤーが2017年の暮れにホープフルSを勝って以来はG1勝ちはありません。この馬かタイムフライヤーにかかっているといっても過言ではありません。一時はG1勝ちを連発した名調教師ですので、ここは当然勝負がかりと思っています。

ということで、上記の部分ではデアリング、ミスニューヨークを中心にソフトフルート、マルターズディオサの4頭は世相や厩舎など陣営の勝負気配もプンプンというふうに感じました。

※参考
10月17日掲載の秋華賞展望3は下記のURLです。
https://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/7080800.html
(URLをクリックするかタップしてご覧ください)
10月14日掲載の秋華賞展望2は下記のURLです。
https://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/7066940.html
(URLをクリックするかタップしてご覧ください)
10月12日掲載の秋華賞の注目馬の記事1は下記のURLです。
https://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/7046120.html
(URLをクリックするかタップしてご覧ください)
9月29日掲載の炎の十番勝負「秋華賞の注目馬」は下記のURLです。
https://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/6913209.html
(URLをクリックするかタップしてご覧ください)

以上の検証・検討??で個人的な結論は下記のようになりました。

◎クラヴァシュドール
当初からの個人的注目馬。
デアリングタクト
周知の内容
、プラス与太話も考えて。

マルターズディオサ
田辺騎手は勝負とみました。枠順と脚質から逆転候補で。プラス与太話も考えて。
★ソフトフルート
大きな根拠はありませんが、与太話も考えて。
※当初は中京の内をすくっての圧勝はコース形態の問題もあり、前走のレース振りは個人的には過大評価は禁物と考えていました。
△ミスニューヨーク
こちらは紫苑Sでの直線の様子で。プラス与太話も考えて。
△ダンツエリーゼ
ダートでは爆発的な末脚をコンスタントに発揮できるようになり、芝でも同じような脚が使えれば。
△オーマイダーリン
ローズSの時の直線の印象で。
注ホウオウピースフル
こちらも大きな根拠はありませんが、内枠で地力もありそうで、何よりもどうしても気になりました。

※ウインの2頭、リアアメリアは印がまわらずはずしました。通常では必ず押えざるを得ない馬たちで、きたらゴメンナサイ。

以上ですが、あくまでも豆知識程度(ご承知のことも多いかもしれませんが・・)や読み物程度で考えてください。

◆オクトーバーS
マイネルが3頭出しですが、枠順、 馬場状態からマイネルファンロンをピンポイントで狙ってみます。あとはオウケンムーンにも若干注意と思います。

◆信越S
アビーム、ウーマンズハートに注意と思います。

◆大原S
ハンデ戦ですが、3歳馬、特に秋華賞を除外されたキャロットの2頭、クラヴェル、レイパパレの走りに注目です。
もちろんどちらも有力と思いますが、個人的にはクラヴェルは斤量が1キロ軽く、横山典騎手が秋華賞に出走したときのためかは不明ですが、京都7Rの芝2000にも騎乗します。これをこの馬に対する勝負度合いの強さと想像してこの馬のほうを上位に考えます。
あと穴ではここは穴で個人的な京都⇔函館の法則と前走の見せ場たっぷりの走りからスズカロングに注目と思っています。またスズカの永井氏はもう1頭出走でスズカロングが不発の時には脚質的にも1キロハンデが軽くなったスズカフューラーにも注意と思います。

◆新潟3R
前走で抜けた末脚を披露したクォンタムに注意と思います。

◆他の一般レースで若干注意が必要と感じた馬
※特に不発にご注意ください。
(私個人もすべて買いませんが、検証すべき点があり、リストアップしています)
・テレビ静岡賞
ハルクンノテソーロ、サンライズナイト
・もみじS
ジュラメント
・鷹巣山特別
リシュブール、フォースオブウィル
・稲光特別
ブルベアオーロ
・平城京S
クリノフラッシュ、スペクター
・妙高特別
アカツキジョー、あと大穴で難しいと思いますがキョウエイオビエド
・新潟6R
ショウナンバレリオ
・東京5R
ロックオンエイム、マイネルイナブ
・京都5R
マダムシャルル
・東京4R
ペイシャレン、人気系ではペイシャケイティー、ロジプリン
・京都4R
ヨリナメンテ、ハクサンスプリング、マダムヴァシュモン、タニノミモザ、メイショウツワブキ
・京都2R
トウシンモンブラン(個人的POG登録)
・新潟2R
レオテソーロ(個人的POG登録)

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月18日(日)AM5時37分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
また週末に雨の影響を受けそうです。
一番大丈夫そうなのが新潟で開催中は降らなそうです。
また秋華賞のある京都も比較的大丈夫そうで、土曜日の午前中だけの予報で、秋華賞の時にはかなり回復していそうです。ただ先週や週間もここのところ雨が結構降っている関係もあり、例年の開幕直後の馬場状態ではないと思っています。
東京は土曜日は一日雨で、さらに日曜日も多少降りそうです。
先週や、週中、また日照時間も少なく低温が続きそうで、仮に早めにやんでも回復が遅れそうです。
特に土曜日の芝コースは道悪適性が問われそうです。

・内田博騎手
あとこれは今週ではありませんが、内田博騎手はグリーンチャンネルの追い切り放映によれば菊花賞の1週前追い切りで遠征したようで、この状況下ですから、強敵がいますがバビットには注意と思います。また今週の騎乗でも12Rで関西馬のモズレジーナに騎乗しますが、まさかその追い切りのために遠征することもないとは思いますが、一応注意と思います。

・団野騎手
それから秋華賞の抽選がはずれ大原Sにまわったクラヴェル、レイパパレですが、
クラヴェルは騎乗予定の横山典騎手がそのまま遠征で大原Sに騎乗します。横山典騎手は京都は他には昼ごろの秋華賞と同条件の芝2000も騎乗が決まっていて、かなり勝負度合いが強かった可能性があると感じています。またレイパパレも予定通りルメール騎手が騎乗ですが、本番では結局サンクテュエールに騎乗します。サンクテュエールは追い切りはグリーンチャンネルの画像では団野騎手がわざわざ遠征して追い切りに騎乗したようなので、レイパパレが秋華賞に出走できればこの馬には団野騎手の予定だったのかも?と思いました。団野騎手は残念だったと思います。
こちらも若干程度ですが今週の団野騎手の関東馬である土曜日紫菊賞のアオイゴールド、清滝特別のフォークテイルには注意と思っています。

◆府中牝馬S
追い切り映像、馬場状態、賞金、騎手の動向などから
◎軸フェアリーポルカ
○サラキア
▲ダノンファンタジー
★シゲルピンクダイヤ
△サムシングジャスト
と考えています。◎から穴目のワイド1~2点を見物料程度に買おうと思っています。

◆太秦S
石川騎手が遠征するナムラカメタローは58キロですが注意と思います。あとはナイママ、ロードアクシスに注意と思います。ただクリンチャーは58キロでも条件的に押えざるを得ないと思っています。

◆飛翼特別
穴でヤマニンベリンダに注意と思っています。このコースは得意なのと、昨夏の荒れた福島で見せ場たっぷりでした。逆にあまり時計が速そうなら見送ろうと思っています。他ではアーヒラ、アドレ、内枠ですがジェニパーベリーあたりに若干注意と思います。

◆白秋S
ペイシャドリームに注意と思います。

◆清滝特別
前出の団野騎手のフォークテイル、ザイラに注意と思います。

◆東京12R
大穴で難しいと思いますがデルマカシャーサに若干注意と思います。

◆京都5R
エムティーロゼッタに若干注意と思います。

◆新潟5R
キャンビーに若干注意と思います。

◆東京4R
ジュンジョウに若干注意と思います。

◆京都4R
ミケーレ、ハローチュースに若干注意と思います。

◆新潟4R
シングンハートに若干注意と思います。

◆新潟1R
グリニッジヴィレジに若干注意と思います。

◆日曜日注目馬など
・秋華賞展望3
ちまたでは、というよりほぼ全体がデアリングタクトの無敗の3冠達成?という空気になっています。
特にこのコロナ禍で牝馬、牡馬とも無敗の3冠馬誕生の可能性があり、かなり確率的にも高いという感じで、当然だと思います。個人的にはもちろんデアリングは押えますが、基本的には穴を狙います。

現在下記の参考記事にありますが、当初の記事などに記載した、個人的注目馬のクラヴァシュドール、オーマイダーリン、マルターズディオサの他に、当然押えるデアリングタクト、あとは追い切り映像や実績などの検討をして穴っぽいところでマジックキャッスル、ミスニューヨークと、さらにこれは大穴で相当難しいと思いますがダンツエリーゼまで合計7頭に注目しています。印の順番はまだ決めていません。

※参考
10月14日掲載の秋華賞展望2は下記のURLです。
https://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/7066940.html
(URLをクリックするかタップしてご覧ください)
10月12日掲載の秋華賞の注目馬の記事1は下記のURLです。
https://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/7046120.html
(URLをクリックするかタップしてご覧ください)
9月29日掲載の炎の十番勝負「秋華賞の注目馬」は下記のURLです。
https://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/6913209.html
(URLをクリックするかタップしてご覧ください)

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月17日(土)AM4時11分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ