競馬穴狙いの探求2

競馬歴32年(2020年現在)で中央競馬を中心に楽しんでいます。原則は穴狙いで、興行、スポーツなどあらゆる側面から考えて予想しています。

競馬歴は2020年で32年目です。2005年以来競馬ブログを趣味で続けていましたが、このたびURLを急遽変更しました。

2020年1月までの記事は下記のURLです。
「競馬穴狙いの探求」
https://keiba-ananerai.blog.jp/

原則穴狙いです。
まずはご覧になった方は不発にご注意ください。
興行的観点、馬や騎手、陣営の戦略、オッズ、馬装具などあらゆる公開情報を駆使して、穴狙いを中心に馬券を楽しんでいます。

サイト制作・管理者
「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」
東京都在住(大阪生まれ、埼玉県育ち)
証券会社(17年間)、保険会社および保険代理店会社(約10年間)において営業活動(現在は廃業)
2004年より医療関連サイトのグループに所属
2007年タウンクリニックドットコム立ち上げ
現在に至る
連絡先:info@town-clinic.sakura.ne.jp
※ブログルールにより上記メルアドを手入力するなどしてご利用ください

【新型コロナウイルスについて】
現状は営業先など活動上当方、先方の双方に影響がないようにできる限り不要な外出や、訪問をしないことを心がけて活動をしている状況です。今後も状況をみながら柔軟に対応していく所存です。


トウショウピスト

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今オークスと同じ条件の東京4R芝2400戦が行われました。前の芝のレースもそうでしたが、最内は伸びないようですが、内から3~4メートルあたりが一番馬場が伸びそうな感じに映りました。騎手も外をぶん回す乗り方をする人は少なく、そのあたりが込み合っている感じでした。本番も同じような感じになるかもしれないと思いました。地力のある馬は別にして、伏兵陣は内の中団の経済コースで脚を貯めて、直線で少し外に出す形が一番効率がいいかも、と思いました。ただ今回はスマイルが比較的から逃げ、その後に外枠の手塚厩舎&ウイン軍団の一角、マルターズが外から番手につく可能性があり、前が引っ張る形になりそうで、かなり流れる可能性はあります。そうなると内外にかかわらず比較的後方の追い込みも決まる可能性があるかもしれません。いずれにしても先行馬の情勢で大きく局面が変わりそうです。

予想は大不調なので簡単に。
オークスは最近では珍しく社台RHが今回は面白そうです。

◆オークス
土曜日の展望と大きな違いはありませんが、一部変えます。馬券はともかく、印は、
◎軸デゼル
前走の上がりの脚が不発にならなければ、まず上位と考えます。距離が大丈夫なら。
○デアリングタクト
▲ウインマイティー
前走はそれなりのレベルのレースと考えます。
★クラヴァシュドール
炎の十番勝負での個人的指名馬。穴予想家のターゲットになっているのが気になります。
△フィオリキアリ
追加登録の馬。前走は他の2番手クラスの馬と互角
△チェーンオラブ
フェアリーSの脚を使えれば
△マジックキャッスル

◆韋駄天S
展望どおりトウショウピスト、アポロノシンザンの8歳馬2頭を穴で狙います。人気ではカッパツハッチとナランフレグでしょうがないと思っています。

◆火打山特別
ノルマンディーが3頭出しで有力と思います。他では個人的に追っかけているヒルノデンハーグは出走です。コース実績もあり嵌れば。

◆京都12R
サージュミノルに注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月24日(日)AM11時57分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今日も簡単に。不発にご注意ください

京都新聞杯は断然人気のアドマイヤビルゴが馬券圏外に敗れました。今の賞金でダービー出走は微妙なようですが、もしすでに水面下の情勢で出走がほぼ大丈夫な状況であった場合は意外に本番では注意が必要と感じました。というのもレース振りからそう感じたからです。逆に出走権獲得のために勝ちに行って敗れたのであれば出走の可否にかかわらず本番でもまったくいらないのでは?と感じる内容と感じました。
現段階でのこの馬のダービー出走情勢がどうなのか?ということは本番の予想でも重要なテーマになると個人的に思っています。

今日は天候による馬場状態がどうなるのか?という問題が重要と思っていましたが、多少降るかもしれませんが、レース中にそれなりに降らない限りはほぼ大丈夫な感じと思っています。

下記は土曜日の朝の段階での日曜日の注目馬の記事です。
http://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/6030500.html

◆NHKマイルC
今年の3歳牝馬は超ハイレベルと感じていますが、牡馬も現段階ではそれなりのレベルと個人的に思っています。特にホープフルS、皐月賞はその後の出走馬のレース内容を考えるとかなりのハイレベルと感じています。
予想段階で穴で注目しているラインベックはその両レースに出走している部分もあり注目と書きました。
というのも先週青葉賞を快勝したオーソリティー(ホープフルS出走で5着)もほぼ同様の過程だったというのもあります。また皐月賞などの内容からスプリングSも同様の可能性があると感じています。

そしてそれをさらに裏付けるような結果が土曜日にも出ました。
・京都新聞杯1着ディープボンド・前走は皐月賞10着、3着ファルコニア・前走スプリングS4着
・プリンシパルS1着ビターエンダー、前走は皐月賞14着
でした。

ということで、
◎軸タイセイビジョン
枠順も含めほとんど減点要素がなく、かえってそれが不安ですが。
○穴軸ラインベック
前述の通り、渋ればなおいいと思っていましたが。
▲レシステンシア
スムーズならば圧勝の可能性も。
★サクセッション
ローテーションが不気味です。
△プリンスリターン
人気より地力ありそう
△ストーンリッジ
金子氏のもう1頭でノーマークになりそうで注意

◆新潟大賞典
ある程度人気ですがダイワキャグニー、レッドガランに注意と思っています。

◆鞍馬S
ハイレベル?と感じた阪急杯で逃げたニシノラッシュ、個人的函館⇔京都の法則でトウショウピスト、サフランハートあたりと地力からメイソンジュニア、タイセイアベニールに注意と思っています。

◆立川特別
ペイシャムートンに注意と思います。

◆五泉特別
ニシノコデマリに注意と思います。穴ではこれは難しいかもしれませんがスノーベリーにも注意と思います。

◆京都12R
クリノカポネに注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月10日(日)AM9時50分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ