競馬穴狙いの探求2

競馬歴32年(2020年現在)で中央競馬を中心に楽しんでいます。原則は穴狙いで、興行、スポーツなどあらゆる側面から考えて予想しています。

競馬歴は2020年で32年目です。2005年以来競馬ブログを趣味で続けていましたが、このたびURLを急遽変更しました。

2020年1月までの記事は下記のURLです。
「競馬穴狙いの探求」
https://keiba-ananerai.blog.jp/

原則穴狙いです。
まずはご覧になった方は不発にご注意ください。
興行的観点、馬や騎手、陣営の戦略、オッズ、馬装具などあらゆる公開情報を駆使して、穴狙いを中心に馬券を楽しんでいます。

サイト制作・管理者
「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」
東京都在住(大阪生まれ、埼玉県育ち)
証券会社(17年間)、保険会社および保険代理店会社(約10年間)において営業活動(現在は廃業)
2004年より医療関連サイトのグループに所属
2007年タウンクリニックドットコム立ち上げ
現在に至る
連絡先:info@town-clinic.sakura.ne.jp
※ブログルールにより上記メルアドを手入力するなどしてご利用ください

【新型コロナウイルスについて】
現状は営業先など活動上当方、先方の双方に影響がないようにできる限り不要な外出や、訪問をしないことを心がけて活動をしている状況です。今後も状況をみながら柔軟に対応していく所存です。


マンオブスピリット

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
いつごろからなのか、最初からかもしれませんが、今回も注目馬としてあげたブラックホールをずっとブラックホークと記載していました。これは今までのうっかりのレベルではないので、ダービー時の記載ミスに次ぐ、はずかしい事態ですが、とりあえず我慢して読んでいただいた方にお詫び申し上げます。予想自体が変わることはありませんので、宜しくお願い致します。(10月25日12時05分くらい)

相変わらず土曜日は不発嵐でした。
一部のレースで一矢報いたものの、かすりもしないレースが多く、今日(明朝以降ですが)も簡単に。

新潟牝馬Sはびっくりしました。馬場悪化の流れか内をすくったウラヌスチャームが圧勝しました。
単にコース取りだけの話ではないと思いますので、嵌ると恐るべき地力のある馬と感じました。
仮に大きなレースでは、不人気でも注意が必要な馬だと思いました。

さて今日は菊花賞ですが、このコロナ禍の中で牡馬牝馬無敗の三冠馬が同時に生まれるかどうかという、競馬界においては歴史的な一日になる可能性が高まっている状況です。この件はすでにメディアでも色々な情報が飛び交っていて、多くは端折りますが個人的に調べたことを記載したいと思います。

◆菊花賞
参考
・コントレイルが勝ったホープフルSの検証を記載した記事
https://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53342007.html
・月曜日の深夜(火曜日)に掲載した今週の展望1の記事
https://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/7100029.html
・10月24日(土)早朝に掲載した土曜日の予想と同時に掲載した日曜日の展望2
https://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/7134098.html


・コントレイルの万全なサポート?体制
まず皆さんは色々なメディアなどでご承知と思いますが、コントレイルは今回はぶっつけではなく万全を期して前哨戦から参戦したように思います。そこでも着差以上に圧倒的な勝利を収めましたが、本番でもうがった見方をすれば相当なサポート体制が出来上がっているように個人的には感じます。(あくまでも個人的な想像のたわごとなのでご容赦ください・・)

まず周知ですが、オーナーズブリーダーの前田氏の馬がコントレイルのほかに同じ京都コースの比較的長距離の京都新聞杯を勝利したディープボンドが一緒に出走します。またこれも一部媒体で情報が発信されていますが、逃げ馬のキメラヴェリテも馬主は違いますが、同じノースヒルズの生産馬で、事実上同じラインと考えられます。

さらに矢作調教師のラインも考えたいと思います。
まず同じ矢作厩舎の馬のサトノインプレッサ(ダービー4着~毎日王冠10着)も菊花賞に出走します。
毎日王冠は距離的には秋天かマイルCSの前哨戦といわれています。特に今年はコロナ禍で移動にはリスクがともないます。レースでは出遅れて終ってしまった感がありますが、ダービーの激走を考えると、このレースのためにわざわざ東上したのですから、当然勝ちにいった可能性も高いと考えています。
そして今回菊花賞出走と、今度は違う意味での違和感を感じました。賞金などの問題もあるにしても、また同じ馬主のサトノフラッグとの絡みがあるにしても、トライアルよりも間隔が詰まって、距離など条件も違う前哨戦を使ったのに、菊花賞に参戦したからです。

・矢作調教師のお父さんは大井の調教師!
またその前出の同じ馬主のサトノフラッグもそういう意味ではインプレッサと別に出走したセントライト記念は、弥生賞を勝った中山でもあり、こちらも当然勝ちにいったのでは?と考えます。

しかも矢作厩舎のインプレッサは今回の騎乗は厩舎所属の坂井騎手、そしてお父さんは大井の騎手です。
そしてインプレッサは毎日王冠では戸崎騎手が騎乗しました。やはり大井出身の騎手です。
戸崎騎手も大井の関係か今までに矢作厩舎の馬には大レースで騎乗経験があり、代表的なのはJDDで優勝したキョウエイギアです。
また先ほどのサトノフラッグは国枝厩舎ですが、菊花賞の騎乗は戸崎騎手です。
国枝厩舎は今回は2頭出しですが、もう1頭はダノングロワールですが、この馬は三浦騎手のお手馬です。
三浦騎手は菊花賞では大魔神の持ち馬であるヴァルコスに騎乗予定でしたが、急病のために乗り替わりになりました。
その三浦騎手も実はあわや安田記念を勝利?と思ったときなど、馬が引退する前のしばらく矢作厩舎のグランプリボスに騎乗していました。

そしてヴァルコスに乗り替わりで騎乗の岩田康騎手も地方競馬出身の騎手です。そんな縁か、やはり矢作厩舎の馬には縁が多く、何よりも彼が大感激した初のダービー制覇をしたディープブリランテも矢作厩舎の馬です。

そしてさらにいえば、今回彗星のようにあらわれて最大のライバル?と目されているバビットの内田博騎手も地方競馬出身の騎手で、矢作調教師のお父さんのいた大井競馬で大活躍した騎手です。こちらもそんな縁か三浦騎手が騎乗するまではしばらく矢作厩舎のグランプリボスに騎乗して、スワンSなどを勝利しています。前々回の記事に記載しましたが、内田騎手はグランプリボスのために追い切りで関西に遠征していたいという記憶もあります。
矢作調教師(中央の)と内田博騎手の現在の人間関係はまったく承知していませんが、大井の人脈図によれば、内田騎手は大井時代は、矢作厩舎(お父さん)の関係の人脈の一派らしいようです。これは内田博騎手が九州出身などで事実上の師匠である的場騎手との友好関係があったことなどから、らしいです。(以上は調べた結果で直接事実は存じ上げていません)

と、有力馬も含め、これだけの相関図ができるくらいの流れで、コントレイルは一応有利といわれている内目の枠で出走します。

さて無事に三冠にたどり着けるか、あとはレースを見物するしかありませんが・・・。

・他の勢力では?
前走のレース振りから個人的に注目していてるマンオブスピリット、内目の枠で今度は本番で真剣勝負のガロアクリーク、距離適性・枠順などは大丈夫ですが、調整過程の予定が微妙に変わったヴェルトライゼンデ、あとは名手ルメールが騎乗する上がり馬で距離が伸びて面白そうなアリストテレス、ロバートソンキーあたりが有力と感じています。

・ブラックホーは?
早くにクラシックの出走権を確保して、ずっと所属の弟子である石川騎手が騎乗してきたブラックホークは今回藤岡祐騎手に乗り替わります。そのへんの経緯はまったく不明ですが、個人的にはコース形態が比較的京都に似ている函館で好走して出世してきたこの馬は、今の時計のかかる京都はぴったりのはずで、距離もまったく問題ない可能性もあり、脚質的にも枠順が大きく不利になるタイプではないので、マンオブスピリットに続く穴候補として考えています。
また後述に記載しますが、東京で騎乗する石川騎手の騎乗馬にも同時に注意と思います。

ということでまたまた長々とごたくを並べましたが、
◎軸コントレイル
○マンオブスピリット
▲ヴェルトライゼンデ
★ブラックホー
△ガロアクリーク
△ロバートソンキー
△バビット

※バビット以外は矢作厩舎のラインになりうる勢力をはずして考えました。サトノがきたらゴメンナサイ。

◆ブラジルC
マイネルユキツバキ、ロードゴラッソ、あとは石川騎手のケルティックソードあたりに注意と思います。

◆ルミエールオータムダッシュ
このレース出走のためかまったく条件の合わないオープンレースに登録して除外されて優先して出走した可能性があるミキノドラマーに注意と思います。あとは人気系ですが外枠で地力や実績もあるカッパツハッチ、大穴ですがウインゼノビアあたりに注意と思います。あとは超大穴ですが格上挑戦のショウナンマッシブも他のショウナンがすべて不発であれば若干注意が必要と思います。(走ってみたら・・という可能性があると思っています)

◆石川騎手が騎乗する馬
前出のブラジルCのケルティックソード以外に、甲斐路Sのロジティナ、東京8Rのグレルグリーン、東京6Rのリンガスウォリアーあたりに注意と思います。

◆ショウナンの馬
今日は下記の馬が出走です。(一部他の項目と重複しています)
東京1R ショウナンアストラ
東京3R ショウナンナビ
東京5R ショウナンラスボス
東京10R ショウナンバビアナ
京都10R ショウナンアリアナ
新潟11R ショウナンマッシブ
新潟12R ショウナンマリオ

◆ホウオウの小笹氏の馬にも注意と思います
・東京4R ホウオウヴォーヌ
・京都6R ホウオウソウルジャー
・新潟5R ホウオウイクセル 
・新潟6R ホウオウモントレー

◆他の一般レースで個人的に注意が必要と思う馬
※すべて馬券を買うかはわかりません。ある程度人気や地力を無視して考えている馬もいるので不発にご注意ください。
・貴船S
タイキサターン、タガノプレトリア
・鳥屋野特別
セイユメアカリ、アヴァント
・東京12R
クーリュ
・京都5R
メイショウヤマツミ
・京都4R
コスモエンデ、トーホウロゼリア
・新潟4R
オウケンブラック
・東京3R
ニシノミウ

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月25日(日)AM3時57分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今週も週中は雨がかなり降りましたが、東京、京都は土日は大丈夫そうで、久しぶりの馬場も含めた競馬日和になりそうです。ただ新潟は今の時期の北陸はいつもそうですが、暖かい空気と冷たい空気が入れ替わる時期で、大気が不安定そうです。馬場もそれなりに悪化しそうで、夏から続いている力の要る馬場状態が続きそうです。ただ馬場があまり悪化すると内外の有利不利が思ったほどではなくなる可能性もあり、千直をのぞけば内をすくった経済コースを通った馬が上位になる可能性もあると思っています。

あと今週はまだ詳細は調べていませんが、ショウナンの馬が大挙13頭の出走予定です。
人気の有無に関係なく好走するケースも多く、一部勝負になる馬もいる可能性があるので、注意が必要と思います。

参考
・コントレイルが勝ったホープフルSの検証を記載した記事
https://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53342007.html
・月曜日の深夜(火曜日)に掲載した今週の展望1の記事
https://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/7100029.html

◆富士S
今年からG2に昇格です。賞金や斤量など色々詳細は変わりますが、大雑把に言えばマイルSCの前哨戦であることは変わらず、賞金加算や出走権などに加え、今年はコロナなどの関係での移動のリスクをふまえたうえでの検討になると考えています。また馬場状態はまだ道悪の可能性もあり、適性も求められると思っています。
今年はそれなりのメンバーがそろった感じですが、現状では抜けた馬もいなそうな感じで、予想関係者泣かせになりそうです。ある意味ほとんどの馬に上位のチャンスがある感じです。
展望で記載した注目馬のケイアイノーテックはプロの関係の方など多くが注目されているようで、夜中のオッズでも思ったよりも人気になっている感じです。また遠征関係の騎手や馬でも絞りきれない印象です。ただ3歳の強豪が複数出走で、しかも今までは道悪を苦にしない馬も複数で、この辺がポイントになりそうです。

◎軸ワーケア
どう考えてもここで勝負しないとこの先がない状態に思えます。
○ケイアイノーテック
展望のとおり
▲スマイルカナ
★ラウダシオン
△レイエンダ
府中牝馬Sのサラキアとは2年前に道悪(やや重でしたが、内を開けるようなコース状態だったと記憶しています)のエプソムSでスイスイとワンツーになったと記憶しています。切れないけど、渋太そうで、展開しだいでは粘りこみもありそうと思います。
△モズダディー
おそらく頭数から重賞での力試しだとは思いますが、脚質や時計のかかりそうな馬場状態を考えると、遠征馬でもあり一応注意と思います。

◆室町S
中穴系でコパノフィーリング、リュウノユキナ、ヘリオスあたりに注意と思いますが、大穴では難しいかもしれませんがタテヤマにも若干注意と思います。

◆新潟牝馬S
サトノワルキューレに注意と思います。

◆十日町特別
ルクルトに若干注意と思います。

◆京都7R
テイエムラッシュに若干注意と思います。

◆一般レースで若干注意が必要と思う馬(馬券を買うかどうかはまだ決めていません)
・壬生特別
トップオブメジャー、スキップ
・東京8R
フクノナルボンヌ
・東京6R
ショウナンバービー
・東京4R
ジュンゼロ、トミケンカラバティ
・京都4R
バーニングパワー
・新潟4R
ウインスラーヴァ、カポラヴォーロ
・新潟1R
クラウンディバイダ、メイショウハチク
※日曜出走も含めて他のショウナンの馬も注意と思っています。

◆日曜日展望続き
・菊花賞
先日の展望での注目のコントレイル、マンオブスピリット、バビット、ブラックホールに加え、ターキッシュパレス、ディアマンミノルが追い切りなどで印象に残りました。印の順番などはまだ決めていませんし、まだ変更するかもしれません。ただし馬場状態にもよりますが通常は内枠が絶対有利のコースと考えています。その点を考えて原則は相手さがしのレースと思っています。

また今週福永騎手はコントレイルの追い切りには騎乗せず関東に遠征のようでしたが、直前の追い切りは騎手が乗ってスイッチが入らないようにしたり、斤量の重い助手が乗ることも多く、矢作厩舎のことですし、JRAとしてもここは大きなPRになる場面でもあり?承知の上の行動と考えています。

でもあまりにも条件が揃いすぎて、万全を期していることが競馬の場合はかえって不安材料になることもあり、コントレイルが歴史的名馬になるかどうかの正念場にきていると感じています。

・ルミエールオータムダッシュ
展望どおり現段階ではミキノドラマーに注意と思っています。ただ馬場が悪化する可能性があり、まあ枠順も決まっていないのでその辺に注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月24日(土)AM4時30分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ


ブログネタ
G1やサマーシリーズなどの競馬展望・炎の10番勝負など に参加中!
長々と先週ごたくを並べたのですが、結局あっさりとデアリングタクトが無敗の三冠を達成しました。
デアリングタクトの強さが目立ちましたが、3着争いをした2頭、ソフトフルートとパラスアテナは展開やコース取りが馬場に合っていたとはいえ、かなり強い競馬をしたと思います。4角のところで2頭が追い上げたときに交錯して、しかもかなり外にはじかれたのに、直線でも脚色はおとろえませんでした。レースの様子を見る限りこの2頭は、展開や馬場にめぐまれただけとはいえないと思いました。

これから2着のマジックキャッスルも含め、デアリングの強敵になれば面白い、と思いました。
今までは1頭強いのがいると、なぜか他の馬のレベルが低い、という現象を見かけましたが、牝馬に関してはまだこれから成長しそうな馬がいるのでは?と思いました。希望的観測も含めてですが・・。

日曜日東京メインののオクトーバーSでも前出の秋華賞で僅差の4着だったパラスアテナと同じ広尾のパンサラッサが2着で馬券に絡みました。まだ斤量の恩恵がありますが、今年の広尾は7月の七夕賞前から急に上級条件の馬が好走を続け、通常は秋のG1シーズンまでは、と思っていましたが、馬の地力もありまだまだ好走を続けています。

広尾の馬は個人的印象では欧州系の時計のかかる馬場で好走するタイプの馬が多いと感じていましたが、今年は雨が多く、広尾の馬たちにとってはうってつけの条件になっているのかもしれません。また近年国内で無敵を誇るような馬たちが欧州のG1などで惨敗を繰り返しています。JRAなど日本国内の競走馬育成も少し方向転換をはじめたのかもしれず、2~3年前のパンパンの高速馬場の芝コース自体、あまり今年は天気が良くても見れないように、感じています。
考えすぎかもしれませんが・・・。

ちなみに広尾は少数精鋭ですが、今年の所属馬のメンバーは先々も面白そうな馬が多く、例の七夕賞寸前より急速に力を入れていると思われる募集のほうも結構集まっているのでは?想像します。たまたま知人の一口馬主もいるのでぜひ頑張って欲しいと思っています。

一般レースでは妙高特別のアカツキジョーはこのまま順調に次走以降出走するとしたら、次走はかなり注意と思いました。この馬は半年くらい前に突然覚醒したかのように、超人気薄で馬券に絡みましたが、それ以降は順位はともかく地力が結構あるのでは?とレースでは感じています。

◆今週の展望
・菊花賞
なんといっても牡牝そろっての無敗の三冠制覇がかかっているコントレイルに注目ですが、馬券的には全く面白みがないので、コントレイルはともかく、他の馬で面白そうな馬をさがしています。
ちなみに一番手は先月下旬に「炎の十番勝負20秋」の記事で記載しましたが、コントレイル以外では、穴では前走のレース振りなどからマンオブスピリットに注目しています。あと他では多分人気系になるだろうと思われるところでは逃げ馬のバビットに注目していました。

現段階ではその考えは基本的には変わっていません。特にバビットはラジオNIKKEI賞から騎乗している内田博騎手が先週の1週前追い切りでは、このコロナ禍の中で遠征して追い切りに騎乗しました。内田騎手が追い切りに遠征する姿は個人的な記憶ではグランプリボスあたりからはあまり記憶がありません。今回は年齢的にそうチャンスもないかも、という気持ちもあるのでしょうか?相当勝負気配は高そうです。あと個人的には京都⇔函館の法則も考えれば、ブラックホークの面白そうだと考えています。他の馬は追い切りや直前の気配やコメントなどはもちろんですが、特に長距離なので「走ってみたら強かった」という馬がいる可能性があるので、そのへんも加えて考えたいと思っています。

現段階ではそんなところです。
ただここまできたら、JRAとしても、こういう状況下ということもあり、デアリングとコントレイルがそろって無敗三冠を達成したほうが、世間の注目度も上がるので、ぜひともと思っているのでは?と思います。

・富士S
個人的には前走のレース振りからケイアイノーテックに注目しています。特にこの馬が唯一大レースで激走した時と同じ条件であり、斤量も57キロで出走できるので、メンバー的にも抜けた馬がいなそうなのでチャンスかもと思っています。あとはあわせて関西や地方から遠征してくる陣営や騎手が騎乗する馬たちも注意と思っています。

・ブラジルC
人気になりそうですが、スワーヴアラミスが端数ハンデになりました。この馬の取捨をどう考えるかがこのレースの読みではかなり重要な部分と個人的に考えています。現段階ではまだ決めていません。

・アイビーS
個人的に炎の十番勝負のホープフルSで指名したバニシングポイントが登録してきました。札幌では着差以上に圧勝したようにみえました。そもそもホープフルSに出走するつもりかも不明ですが、いずれにしても仮にここで出走してきたら勝たないと次もないので、期待しています。

・なでしこ賞
前走きわめて強いと感じたデュアリストが勝ったヤマボウシ賞に出走した馬が3頭登録してきました。レコードの勝ち馬とは大きなタイム差がありましたが、あのような馬とレースをした流れなので負けた馬も地力のある馬がいる可能性があると思っています。もちろん人気しだいですが、出走してきたら注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月20日(火)AM3時27分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
G1やサマーシリーズなどの競馬展望・炎の10番勝負など に参加中!
先週はコントレイルの強さに脱帽でした。
同時にロバートソンキーにはビックリしました。
当初に遠征馬といっておきながらビターエンダーの取捨しか頭にはなく、他の馬にはまったく気が回りませんでした。
伊藤騎手もここ1本勝負で、ちょうど障害の山本騎手は引退でしたが、今年は少し年期の入ったおじさんになりかけ騎手の活躍と進退が同時進行のようです。

両場の重賞は最初の展望どおりに買っておけば、と後で悔やみましたが後の祭りです。
神戸新聞杯の検証は「炎の十番・・」で。

◆先週の検証
見ていて気になったのは下記の馬です。
・土曜日中京ヤマボウシ賞デュアリスト
これは穴ではありませんが、かなり強いとみました。
・日曜日中山5Rロードトゥフェイム
これは最後の脚が他の馬とまったく違う次元に見えました。
・日曜日中京7Rクリノカサット
地力はやはりありそうです
・日曜日中山12Rラインギャラント
追い込んでいい脚を使いました。次走でかなり期待しています。
※以前から注目している馬も混ざっていますが、穴を狙うので、まだ次走も追いかけてみたいと考えています。

◆今週の重賞展望
現段階での見解です。
・スプリンターズS
先週の水曜日に掲載した「炎の十番勝負2020秋1・スプリンターズS編」に主要な展望を記載しました。下記のURLをクリック(またはタップ)してご覧ください。
https://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/6875798.html
クリノガウディーが今回レーティングで上位に入り賞金では足りませんでしたが、出走がかないました。
今回のレーティング自体がきわめて特殊な条件で評定されている可能性があり、個人的には妥当な評価と思いますが、ハンデキャッパーには難しい判断だったのでは?と感じました。
ただクリノガウディーは報道によれば少々ノドの問題を抱えているようで、今週は気温も湿度も比較的低目のようで、微妙な情勢と思っています。「炎の十番・・」は別にして、馬券は現段階では個人的には穴狙いなので展望に記載した森田厩舎、引退間近?の星野厩舎の宮本氏&増田氏軍団の単複で組み立てようと考えています。

・シリウスS
エムオーグリッタ、グレートタイムに注意と思っています。

◆炎の十番勝負2020秋検討2
ともにしばらく工事中になる京都で行われるので、個人的な京都⇔函館の法則も含めて考えます。今年の3歳馬はどちらも無敗の三冠馬が誕生する可能性があり盛り上がりそうです。
・秋華賞
原則はデアリングハートタクトでしょうがないと思っていますが、牡馬ほどは力差はないと考えています。また今年は牡馬はトップの馬以外は現状ではまだ全体のレベルは地力不足の可能性があると思っています(こういう世代は来年以降に思わぬ強い馬が出る可能性がある場合もあると思っています)が、牝馬は斤量が軽いとはいえ重賞などオープンクラスの古馬や牡馬との混合戦でことごとく強力な先行馬が好走しています。先々は伸び悩む可能性はあるかもしれませんが、現段階ではかなりのレベルと思っています。ということで先行の有力馬であるマルターズディオサ、ウインマリリンは逆転の可能性もあると思っています。そしてローズSで不利な中京の4角の外側から追い込んだクラヴァシュドールに注意と思っています。あとは出走が微妙ですが可能であればローズSで同様だったリリーピュアハートも地力は互角と感じました。

個人的にはデアリングハートタクト、ウインマリリン、クラヴァシュドールの3頭でまだ迷っています。

・菊花賞
今回の神戸新聞杯でもコントレイルは他の馬を子供扱いという感じでした。
ただ競馬はやってみなければわかりません。原則はコントレイルと思っていますが、個人的には穴狙いなのでセントライト記念で逃げ切ったバビット、神戸新聞杯でいい脚をみせたヴェルトライゼンデあたりにも注意と思っています。また全く大穴になりそうで難しそうですが神戸新聞杯での4角~直線の様子でマンオブスピリットも注意が必要と思っています。今回は勝つかどうかまでは微妙だと思いますが、馬券に絡む可能性は十分と思っています。

◆白山大賞典なんちゃって予想
前回もまったくだったうえ、今回は即PATのみなので買えませんので超簡単に。
多分勝つことは難しいと思いますが、地元吉原騎手騎乗のリンノレジェンドを応援したいと考えています。

実は私の家系は両親とも金沢の家で、戦争などの関係などで中国から引き上げてきたり、関西に住んでいた時期もありましたが、以前は中央競馬とは無縁に近い地方(長らくテレビでも見られず、中スポも前日夕方には買えず)だった北陸もそろそろ野球(昭和51年に初めて星稜が夏にベスト4になりそれ以降は上位の常連に)やサッカー(同じく星稜がここ近年は全国的強豪に)よろしく競馬でもハイレベルになるように、とひそかに祈っています。
※ちなみに昭和51年の星稜の3回戦の天理戦と準々決勝の銚子商戦は甲子園のアルプススタンドでわざわざ関西に出てきた金沢の親戚と一緒に星稜の応援をしていました・・・。

今日は最後にごたくですみませんでした。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在9月29日(火)AM1時17分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ