競馬穴狙いの探求2

競馬歴32年(2020年現在)で中央競馬を中心に楽しんでいます。原則は穴狙いで、興行、スポーツなどあらゆる側面から考えて予想しています。

競馬歴は2020年で32年目です。2005年以来競馬ブログを趣味で続けていましたが、このたびURLを急遽変更しました。

2020年1月までの記事は下記のURLです。
「競馬穴狙いの探求」
https://keiba-ananerai.blog.jp/

原則穴狙いです。
まずはご覧になった方は不発にご注意ください。
興行的観点、馬や騎手、陣営の戦略、オッズ、馬装具などあらゆる公開情報を駆使して、穴狙いを中心に馬券を楽しんでいます。

サイト制作・管理者
「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」
東京都在住(大阪生まれ、埼玉県育ち)
証券会社(17年間)、保険会社および保険代理店会社(約10年間)において営業活動(現在は廃業)
2004年より医療関連サイトのグループに所属
2007年タウンクリニックドットコム立ち上げ
現在に至る
連絡先:info@town-clinic.sakura.ne.jp
※ブログルールにより上記メルアドを手入力するなどしてご利用ください

【新型コロナウイルスについて】
現状は営業先など活動上当方、先方の双方に影響がないようにできる限り不要な外出や、訪問をしないことを心がけて活動をしている状況です。今後も状況をみながら柔軟に対応していく所存です。


ミキノドラマー

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
いつごろからなのか、最初からかもしれませんが、今回も注目馬としてあげたブラックホールをずっとブラックホークと記載していました。これは今までのうっかりのレベルではないので、ダービー時の記載ミスに次ぐ、はずかしい事態ですが、とりあえず我慢して読んでいただいた方にお詫び申し上げます。予想自体が変わることはありませんので、宜しくお願い致します。(10月25日12時05分くらい)

相変わらず土曜日は不発嵐でした。
一部のレースで一矢報いたものの、かすりもしないレースが多く、今日(明朝以降ですが)も簡単に。

新潟牝馬Sはびっくりしました。馬場悪化の流れか内をすくったウラヌスチャームが圧勝しました。
単にコース取りだけの話ではないと思いますので、嵌ると恐るべき地力のある馬と感じました。
仮に大きなレースでは、不人気でも注意が必要な馬だと思いました。

さて今日は菊花賞ですが、このコロナ禍の中で牡馬牝馬無敗の三冠馬が同時に生まれるかどうかという、競馬界においては歴史的な一日になる可能性が高まっている状況です。この件はすでにメディアでも色々な情報が飛び交っていて、多くは端折りますが個人的に調べたことを記載したいと思います。

◆菊花賞
参考
・コントレイルが勝ったホープフルSの検証を記載した記事
https://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53342007.html
・月曜日の深夜(火曜日)に掲載した今週の展望1の記事
https://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/7100029.html
・10月24日(土)早朝に掲載した土曜日の予想と同時に掲載した日曜日の展望2
https://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/7134098.html


・コントレイルの万全なサポート?体制
まず皆さんは色々なメディアなどでご承知と思いますが、コントレイルは今回はぶっつけではなく万全を期して前哨戦から参戦したように思います。そこでも着差以上に圧倒的な勝利を収めましたが、本番でもうがった見方をすれば相当なサポート体制が出来上がっているように個人的には感じます。(あくまでも個人的な想像のたわごとなのでご容赦ください・・)

まず周知ですが、オーナーズブリーダーの前田氏の馬がコントレイルのほかに同じ京都コースの比較的長距離の京都新聞杯を勝利したディープボンドが一緒に出走します。またこれも一部媒体で情報が発信されていますが、逃げ馬のキメラヴェリテも馬主は違いますが、同じノースヒルズの生産馬で、事実上同じラインと考えられます。

さらに矢作調教師のラインも考えたいと思います。
まず同じ矢作厩舎の馬のサトノインプレッサ(ダービー4着~毎日王冠10着)も菊花賞に出走します。
毎日王冠は距離的には秋天かマイルCSの前哨戦といわれています。特に今年はコロナ禍で移動にはリスクがともないます。レースでは出遅れて終ってしまった感がありますが、ダービーの激走を考えると、このレースのためにわざわざ東上したのですから、当然勝ちにいった可能性も高いと考えています。
そして今回菊花賞出走と、今度は違う意味での違和感を感じました。賞金などの問題もあるにしても、また同じ馬主のサトノフラッグとの絡みがあるにしても、トライアルよりも間隔が詰まって、距離など条件も違う前哨戦を使ったのに、菊花賞に参戦したからです。

・矢作調教師のお父さんは大井の調教師!
またその前出の同じ馬主のサトノフラッグもそういう意味ではインプレッサと別に出走したセントライト記念は、弥生賞を勝った中山でもあり、こちらも当然勝ちにいったのでは?と考えます。

しかも矢作厩舎のインプレッサは今回の騎乗は厩舎所属の坂井騎手、そしてお父さんは大井の騎手です。
そしてインプレッサは毎日王冠では戸崎騎手が騎乗しました。やはり大井出身の騎手です。
戸崎騎手も大井の関係か今までに矢作厩舎の馬には大レースで騎乗経験があり、代表的なのはJDDで優勝したキョウエイギアです。
また先ほどのサトノフラッグは国枝厩舎ですが、菊花賞の騎乗は戸崎騎手です。
国枝厩舎は今回は2頭出しですが、もう1頭はダノングロワールですが、この馬は三浦騎手のお手馬です。
三浦騎手は菊花賞では大魔神の持ち馬であるヴァルコスに騎乗予定でしたが、急病のために乗り替わりになりました。
その三浦騎手も実はあわや安田記念を勝利?と思ったときなど、馬が引退する前のしばらく矢作厩舎のグランプリボスに騎乗していました。

そしてヴァルコスに乗り替わりで騎乗の岩田康騎手も地方競馬出身の騎手です。そんな縁か、やはり矢作厩舎の馬には縁が多く、何よりも彼が大感激した初のダービー制覇をしたディープブリランテも矢作厩舎の馬です。

そしてさらにいえば、今回彗星のようにあらわれて最大のライバル?と目されているバビットの内田博騎手も地方競馬出身の騎手で、矢作調教師のお父さんのいた大井競馬で大活躍した騎手です。こちらもそんな縁か三浦騎手が騎乗するまではしばらく矢作厩舎のグランプリボスに騎乗して、スワンSなどを勝利しています。前々回の記事に記載しましたが、内田騎手はグランプリボスのために追い切りで関西に遠征していたいという記憶もあります。
矢作調教師(中央の)と内田博騎手の現在の人間関係はまったく承知していませんが、大井の人脈図によれば、内田騎手は大井時代は、矢作厩舎(お父さん)の関係の人脈の一派らしいようです。これは内田博騎手が九州出身などで事実上の師匠である的場騎手との友好関係があったことなどから、らしいです。(以上は調べた結果で直接事実は存じ上げていません)

と、有力馬も含め、これだけの相関図ができるくらいの流れで、コントレイルは一応有利といわれている内目の枠で出走します。

さて無事に三冠にたどり着けるか、あとはレースを見物するしかありませんが・・・。

・他の勢力では?
前走のレース振りから個人的に注目していてるマンオブスピリット、内目の枠で今度は本番で真剣勝負のガロアクリーク、距離適性・枠順などは大丈夫ですが、調整過程の予定が微妙に変わったヴェルトライゼンデ、あとは名手ルメールが騎乗する上がり馬で距離が伸びて面白そうなアリストテレス、ロバートソンキーあたりが有力と感じています。

・ブラックホーは?
早くにクラシックの出走権を確保して、ずっと所属の弟子である石川騎手が騎乗してきたブラックホークは今回藤岡祐騎手に乗り替わります。そのへんの経緯はまったく不明ですが、個人的にはコース形態が比較的京都に似ている函館で好走して出世してきたこの馬は、今の時計のかかる京都はぴったりのはずで、距離もまったく問題ない可能性もあり、脚質的にも枠順が大きく不利になるタイプではないので、マンオブスピリットに続く穴候補として考えています。
また後述に記載しますが、東京で騎乗する石川騎手の騎乗馬にも同時に注意と思います。

ということでまたまた長々とごたくを並べましたが、
◎軸コントレイル
○マンオブスピリット
▲ヴェルトライゼンデ
★ブラックホー
△ガロアクリーク
△ロバートソンキー
△バビット

※バビット以外は矢作厩舎のラインになりうる勢力をはずして考えました。サトノがきたらゴメンナサイ。

◆ブラジルC
マイネルユキツバキ、ロードゴラッソ、あとは石川騎手のケルティックソードあたりに注意と思います。

◆ルミエールオータムダッシュ
このレース出走のためかまったく条件の合わないオープンレースに登録して除外されて優先して出走した可能性があるミキノドラマーに注意と思います。あとは人気系ですが外枠で地力や実績もあるカッパツハッチ、大穴ですがウインゼノビアあたりに注意と思います。あとは超大穴ですが格上挑戦のショウナンマッシブも他のショウナンがすべて不発であれば若干注意が必要と思います。(走ってみたら・・という可能性があると思っています)

◆石川騎手が騎乗する馬
前出のブラジルCのケルティックソード以外に、甲斐路Sのロジティナ、東京8Rのグレルグリーン、東京6Rのリンガスウォリアーあたりに注意と思います。

◆ショウナンの馬
今日は下記の馬が出走です。(一部他の項目と重複しています)
東京1R ショウナンアストラ
東京3R ショウナンナビ
東京5R ショウナンラスボス
東京10R ショウナンバビアナ
京都10R ショウナンアリアナ
新潟11R ショウナンマッシブ
新潟12R ショウナンマリオ

◆ホウオウの小笹氏の馬にも注意と思います
・東京4R ホウオウヴォーヌ
・京都6R ホウオウソウルジャー
・新潟5R ホウオウイクセル 
・新潟6R ホウオウモントレー

◆他の一般レースで個人的に注意が必要と思う馬
※すべて馬券を買うかはわかりません。ある程度人気や地力を無視して考えている馬もいるので不発にご注意ください。
・貴船S
タイキサターン、タガノプレトリア
・鳥屋野特別
セイユメアカリ、アヴァント
・東京12R
クーリュ
・京都5R
メイショウヤマツミ
・京都4R
コスモエンデ、トーホウロゼリア
・新潟4R
オウケンブラック
・東京3R
ニシノミウ

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月25日(日)AM3時57分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日の新潟1Rのミルファームの12頭出しは見事にそれ以外のビッグレッド2頭出しのワンツーで決まりました。これが競馬なのかもしれません。
やはり流れは変わらず土曜日も不発嵐でした。
ここは社会情勢のこともあり、簡単に。
もしご覧になっていたら反面教師としてご利用ください。

天候は不安定ですが馬場はおおかた大丈夫そうです。
両場とも開幕週ということもあり内枠(新潟千直は外枠)、先行有利になりそうです。
ただ認識が一致しているとノーマークの逃げ馬以外は目標とされる可能性が高く、地力が抜けている場合以外は足元をすくわれる可能性もあると思います。
ちなみに金曜日早朝に掲載した今週の展望記事は下記です。
http://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/6493501.html

◆アイビスサマーダッシュ
上記の展望とくらべどちらが的中に近いか、ここでも勘の状況がわかると思います。
展望は大きくは変えませんが、まずはメンバーのこのレースに向けての勝負度合いも考えたいと思います。
中ではビリーバーの騎手、厩舎ともに重賞の初制覇がかかります。ただ穴で狙っている予想家も多く、思ったより人気で、さらにいえばマークの有無や展開面でも上手に騎乗したり、展開が向かないと厳しい可能性があると考えます。あとは千直しか走らないというか、陣営もここに集中して勝負をかけそうな馬にも注意と思います。ライオンボス、カッパツハッチ、レジーナフォルテ、ミキノドラマー、ジョーカナチャンあたりと思います。また外枠の利でノーマークの先行馬にも注意と思います。他サマーシリーズなので1~2戦を叩いていることも勝負気配につながると考えます。

◎軸カッパツハッチ
枠順がどうかですが、条件的にはここに勝負をかけそうな感じで他にしばらくは他に敵鞍もなさそうです。
○ライオンボス
▲ビリーバー
★レジーナフォルテ
△ゴールドクイーン
△ミキノドラマー
△ジョーカナチャン

◆WIN5
キャリーオーバーなので今週は少々参加します。下記の穴馬は馬券に絡むかどうかで勝つかどうかではないので、人気でも勝つ馬は?という観点で考えたいと思います。
糸魚川特別・・・レイパパレ
知床特別・・・ロフティーピーク
苗場特別・・・オノリス、モズオペラダンディ
大雪ハンデ・・・マイネルアンファン、アニエーゼ
アイビスサマーダッシュ・・・カッパツハッチ、ライオンボス、ゴールドクイーン
予想段階では全12通り

◆大雪ハンデ
展望どおりアニエーゼ、マイネルアンファンに注意と思います。

◆苗場特別
穴でアスターストーリーに注意と思います。

◆糸魚川特別
穴でイチダイに注意と思います。

◆一般レース
下記は馬主や個人的注目条件などで一部が人気にかかわらず馬券に絡む可能性があり若干注意と思います。
・新潟8R
フローズンスタイル
・札幌8R
デルマアンバリット
・札幌7R
スズカゼ
・札幌6R
ショウリノカンパイ、デルマミロク
・札幌4R
ショウナンランチャ
・新潟2R
ラインキャンドル
・新潟1R
デルマフドウ

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在7月26日(日)AM7時7分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
コロナの感染拡大と政府のGotoが交錯して国内の情勢は大変な状況になっていると感じています。
医療関係や一部のインフラ関係の人たちはリスクや切迫した事情にさらされているのに、片方では観光業を助けるためとはいえ国を挙げての旅行の推奨が行われています。私は素人だし、直接関連していないので言及はさけますが、報道や提供されている情報などを見る限りは、正直個人的には世界的にも両立は今の考え方ややり方ではもう無理があることがほぼ証明されつつあるのでは?と感じています。治療薬やワクチンの開発や普及、両立可能な全く新しい生活や経済の仕組みづくりが待ったなしで必要なのかもしれません。大げさかもしれませんが、もしかしたら先々資本主義など現在まで長く続いた社会の仕組みが大きく変わるきっかけになる可能性も出てきたと感じています。

先週は両重賞とも超人気薄が勝利して、紐も荒れました。またWIN5もその関係かキャリーオーバーでしたが、考えてみれば今週からしばらくは札幌、新潟開催だけと明らかに馬券が通常より売れなくなりそうで、さらに今週は重賞は1レースのみです。そういうことがもしかしたら・・・??、と後から気が付きました。また展望時には注目に挙げておきながら函館記念のドゥオーモは結局無印、当然馬券もスルーしたので、個人的にはかなり後悔しました。広尾はやはりここ数週に大きな勝負をかけていたのが鮮明になりました。

今週は土曜日の新潟1レースで2歳未勝利の直1000が組まれていて、今年はおそらく新記録になると思いますが、16頭立てでそのうち12頭がミルファームの馬というとてつもないレースになりました。馬券も興味がありますが、どんなレースになるか見ものだと思っています。

例年とは社会情勢も、オリンピック絡みで北海道開催もイレギュラーな事態が相次ぎ、さらにコロナの蔓延がここ数日特に広がりはじめるという異例の環境の中での新潟、札幌開催となります。馬券はレースや馬を絞り込んで簡単にと考えていますが、仕事や家の用事以外はレースを見る時間もあると思うので、可能であれば見物しようと思っています。

◆アイビスサマーダッシュ
CBC賞でラブカンプーが激走して、今回は藤田菜七子騎手騎乗で参戦で、この部分はがぜん盛り上がっているようです。
ただ斤量は背負わされるし、人気にもなりそうで他の馬にも充分付け入る隙はあると思っています。
またメンバー的にもコース巧者や歴代のこのレースの上位馬がそろい現状で考えられるこのコースでの有力馬がそろった感じです。
現段階で個人的に注目しているのは騎手の動向でビリーバーに注目しています。また追い切りの様子などでクールティアラ、ナランフレグ、ミキノドラマー、実績などで人気になりそうなライオンボスと他ではレジーナフォルテ、カッパツハッチあたりに注目しています。ラブカンプーは前述のように斤量の問題もあり過信は禁物と考えています。またいつものように追いきりは僚馬のダイメイプリンセスに遅れましたが、過去それでも好走して例も多く、稽古駆けしない馬ということでこちらはあまり関係ないと思っています。
ただ今週もまだ天候は変わりやすそうで開幕週とはいえ馬場状態には注意と思っています。

◆一般レースの現段階での個人的注目馬
・土曜日
新潟1R ビーマイベイビー、テセウス、ハルハル他ミルファームが12頭出しです。前記3頭のほか函館転戦馬などに注目しています。
燕特別 ディオーネプリンス
越後S ショウナンカイドウ
札幌2R シゲルハクチョウザ、デルマルビー、サイモンベラーノ、ノーブルローズ、ラインキャロット
利尻特別 マイネルデストリョ
札幌12R インザムービー、ソフィアバローズ
・日曜日
新潟8R フローズンスタイル
札幌6R ショウリノカンパイ
札幌7R スズカゼ
大雪ハンデ アニエーゼ マイネルアンファン

◆上記の個人的注目馬以外のショウナン、ライン、デルマの馬
季節的に例年は人気にかかわらず好走馬を出す馬主さんで若干注意と思います。実際に馬券を買うかは絞り込んで検討したいと考えています。
・土曜日
新潟4R ラインサラマンダー
新潟3R ショウナンマトイ
新潟5R ショウナンアイビー、ラインプリンス
大倉山特別 デルマカルヴァドス
しらかばS ショウナンアリアナ
・日曜日
新潟1R デルマフドウ
新潟2R ラインキャンドル
札幌4R ショウナンランチャ
札幌5R デルマミロク
札幌8R デルマアンバリット

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在7月24日(金)AM3時12分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ