競馬穴狙いの探求2

競馬歴32年(2020年現在)で中央競馬を中心に楽しんでいます。原則は穴狙いで、興行、スポーツなどあらゆる側面から考えて予想しています。

競馬歴は2020年で32年目です。2005年以来競馬ブログを趣味で続けていましたが、このたびURLを急遽変更しました。

2020年1月までの記事は下記のURLです。
「競馬穴狙いの探求」
https://keiba-ananerai.blog.jp/

原則穴狙いです。
まずはご覧になった方は不発にご注意ください。
興行的観点、馬や騎手、陣営の戦略、オッズ、馬装具などあらゆる公開情報を駆使して、穴狙いを中心に馬券を楽しんでいます。

サイト制作・管理者
「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」
東京都在住(大阪生まれ、埼玉県育ち)
証券会社(17年間)、保険会社および保険代理店会社(約10年間)において営業活動(現在は廃業)
2004年より医療関連サイトのグループに所属
2007年タウンクリニックドットコム立ち上げ
現在に至る
連絡先:info@town-clinic.sakura.ne.jp
※ブログルールにより上記メルアドを手入力するなどしてご利用ください

【新型コロナウイルスについて】
現状は営業先など活動上当方、先方の双方に影響がないようにできる限り不要な外出や、訪問をしないことを心がけて活動をしている状況です。今後も状況をみながら柔軟に対応していく所存です。


ラインギャラント

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
感染が再拡大して、競馬に限らず事業者たちは最悪の事態を想定して、運用を考えている状態だと思います。
すでに世の中は「それどころではない」という状況の方々が各方面で沢山いらっしゃる状態と思われます。
というより私もそうですが、一般の人々の多くが通常の生活や事業の存続がどうなるのか?まったく見えない状況が続いています。

仮にワクチンが開発されても、副反応や効き目の期間だけでなく、そもそもこのウイルスの内容、つまりもとから沢山の種類があるのかどうか、変異の可能性など、データが万全ではないようで、もしワクチンが有効でないものや何らかの理由であらたに配列の違うウイルスに変異する可能性がゼロではない、というのが開発者や研究者たちが危惧しているのでは?と個人的に想像しています。全然見当違いかもしれませんが・・・。

いずれにしても単に興行上の理由だけで、どんどん前倒しで強い馬を出走させている、ということではないような気がします。

◆ジャパンC
史上まれに見る対決ですが、すでに一般のニュースも含め語りつくされているので端折ります。

ここから先は、ここ最近たまに記載していますが、まったく根拠のない個人的な想像で、予想を組み立てたいと考えています。くれぐれもあまり参考にしないほうがいいと思いますし、多分実際の真実とは違う可能性が強いとさえ思っています。
いわゆる個人的な趣味です。

まず問題はコントレイルは出走させるからには、無様な姿をみせるわけにはいかない、ということに尽きると思っています。強行軍はお父さんの大井競馬よろしく矢作厩舎では以前から知られているくらいで、ある意味お手の物、と思っています。
出走馬と騎手を見渡すと、土曜日の展望にも書きましたが、そこそこ有力な馬に軒並み地方出身の騎手がそろった印象です。菊花賞の時も感じました。

またアーモンドアイ関係は内枠2頭が国枝厩舎、大外に同じシルクの有力なグローリーヴェイズが入りました。

あとは独立系の勢力では、今回は単独?になった感のあるデアリングタクト、それから来年に調教師を引退をひかえ厩舎最強馬の1頭で銀メダルコレクターのキセキです。

他に数頭いますが、出走の目的は?と思うような馬もいて、実際は走ってみないとわかりませんが現実的な話ではないのでこのあたりははずしておきます。

つまり大きく分けると金子氏・友道厩舎も含めた地方騎手で固めたコントレイルを妨害しないかもしれない陣営VSアーモンドアイ周辺の勢力、および独立系のキセキ、さらにデアリングタクトの対決と個人的には考えています。

このレースは展望でも記載しましたが、ご承知のように3着でも通常のG2の優勝より高額な賞金がでます。
つまり名誉や賞金加算さえ考えなければ2~4着でもオーナーは賞金面では大きな不満はないはずです。

ということで独断と偏見にみちた個人的な見解は、
◎コントレイル
○グローリーヴェイズ
▲カレンブーケドール
★ユーキャンスマイル
△キセキ
△アーモンドアイ
△ミッキースワロー

矢作陣営?がアーモンドアイへのマークをきつくすると、先行?するカレン、差しのためにどこかで仕掛けるはずのグローリーへのマークが甘くなる可能性があり、逆にこの2頭をマークすると、アーモンドは楽な競馬ができるはずで、この3頭は1頭は馬券に絡むのでは?と考えています。

ただ負けるわけにはいかないコントレイル陣営は、仮にそのような厳しい中でも勝ちに行くと考えます。
このようなレースは、牽制の応酬になるか、消耗戦になるかどちらかと思っています。
そういうときにはマークがゆるく、切れとスタミナを両方持っているか、スタミナ型で渋太いタイプのどちらかが強いと思っています。
※上記文章は一部意味不明のため、内容は変えずに文体を修正しました。(AM11時38分くらい)

上は個人的な想像の中でコントレイル陣営が望んでいるのではないかという、順位で、馬券はコントレイルから連馬券で○▲およびキセキにというのが本線、あとはユーキャン、ミッキーの単複というふうに考えています。


◆京阪杯
穴ではジョーの上田氏、社台RHの複数出し、騎手が遠征してのビリーバーの出走、人気ではカレンモエの真価が問われる一戦になりそうです。
個人的見解
◎軸アンヴァル
○ビリーバー
▲ジョーアラビカ
★カレンモエ
△ジョーカナチャン
△レッドアンシェル

◆カノープスS
テーオーフォースに注意と思います。

◆東京7R
以前から個人的に注目しているラインギャラントが出走で、昨日のクオンタムは不発でしたが、ラインは近々のレース振りから今回は注意と思っています。

◆東京5R
サルーテ、クリノクーニングに若干注意と思います。

◆阪神5R
ミスズフリオーソに若干注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月29日(日)AM10時30分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
国内でも新型コロナは日に日に深刻さを増しています。競馬も少なくとも皐月賞までは無観客になりましたが、現状では開催は中止にはなっていないのと、PC等での投票が当たり前になりつつあり、かえって人々の外出を抑止できるという部分もあるかもしれません。

国難といえば、今回のコロナに対するの政府や政治家の危機管理を見ていて直接大きな関係はありませんが、ウン十年前に私が当時証券会社に勤めていたときのバブル崩壊を思い出しました。これまで大きな国難といえばバブル崩壊と、あとは阪神や東日本大震災など以来、いや今回は世界的でもあり、それ以上と思います。

個人的な印象ですが、元来発展過程や当初の混乱では日本人はひじょうに柔軟で優秀だと思っています。
しかしバブル崩壊もそうでしたが、ひとたび混乱すると物事の決定する過程がひじょうに複雑で、さらに結果を見て動く傾向が強く、当初は慎重に見えても、タイミングは必ずしも適切とは感じませんでした。

いくらいい政策でも、また本当に必要な施策もタイミングはひじょうに重要と思います。
当時の極めつけは、金利政策と譲渡益課税など証券税制でした。
特に税制の話になりますが、バブルまでは株式は実質非課税、というより利益に対する課税は野放し状態と感じていました。
バブルで株で利益を上げたところに課税するために、株式など証券関係でも課税を、とたしか、そのあたりでこの論議が始まったように憶えています。
ところが実際に実施されたのは、バブルが事実上はじけた後で、その課税強化がさらに下げをさそう、というか投資家の投資マインドも低下させた、と感じました。現場の多くの証券マンはそう感じていたはずです。もちろん地下資金やテロの抑止など他の目的もあったとは思いますが・・・。

今回は直接人の命にかかわる、重大で、しかも世界的な、厄介な問題です。ウイルスは人間の都合など関係ありませんし、交渉の余地もありません。個人的にはどれくらい最悪の事態を考えて先回りできるか、というのが先々の被害を縮小できる最大の戦法では?個人的に思っています。かりに空振りに終わるくらいでないと、困るわけですから・・・。と思います。

さて何の話がわからなくなってしまうので本題に。
今週は大阪杯などですが、日曜日や代替競馬の調子を考えれば、今週も簡単に。
不発にはご注意ください。
◆ダービー卿CT
外枠ですが阪急杯出走馬のマイスタイルに注意と思っています。中山マイルでは思わぬ好走がたまにある横山典騎手で、この馬ではダービーでは見せ場たっぷりの4着に導き相性も比較的いいのでは?と思っています。たまたまと思いますが、このレース名もダービー卿、ということで注意と思います。あとは前走の様子からジャンダルム、カツジ、地力を付けマイスタイル同様阪急杯出走馬で私の知る限り中央の重賞でミルファーム初の端数ハンデを背負うストーミーシーには内枠もあり注意と思います。

◆コーラルS
端数ハンデのサクセスエナジーには注意と思いますが、昨春の天保山S出走馬で休み明けを叩いたフュージョンロックにも注意と思います。

◆中山12R
難しいかもしれませんが穴でラインギャラントに注意と思います。相手はニシノコトダマかショウナンガナドルあたりかな?と思っています。

◆阪神12R
エイシンヨッシーに注意と思います。

◆阪神5R
個人的にPOGに登録しているプレジールドビブルに注目しています。あとは前走まったく人気薄で快勝して単勝万馬券を出したショウゲッコウにも注意と思います。こういうタイプは人気先行とは逆に人気があとから追いかけるタイプと感じています。人気がないうちがチャンスと思っています。

◆大阪杯注目馬
代替競馬の時の展望どおり人気ではブラストワンピース、クロノジェネシスが中心と思いますが、伏兵は金子氏の3頭と考えています。特に休み明け重目で荒れ馬場をきびしいペースで先行して粘ったジナンボーに注目しています。今まで大レースでの出走が少なく格下に見られていますが、格は関係なしで考えれば、潜在能力は高そうと考えます。堀厩舎と友道厩舎が2頭出しですが、今回はサトノソルタスも含めて実績の少ない2頭を使ってきた堀厩舎のほうが個人的には注意と考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月4日(土)AM10時32分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ