競馬穴狙いの探求2

競馬歴32年(2020年現在)で中央競馬を中心に楽しんでいます。原則は穴狙いで、興行、スポーツなどあらゆる側面から考えて予想しています。

競馬歴は2020年で32年目です。2005年以来競馬ブログを趣味で続けていましたが、このたびURLを急遽変更しました。

2020年1月までの記事は下記のURLです。
「競馬穴狙いの探求」
https://keiba-ananerai.blog.jp/

原則穴狙いです。
まずはご覧になった方は不発にご注意ください。
興行的観点、馬や騎手、陣営の戦略、オッズ、馬装具などあらゆる公開情報を駆使して、穴狙いを中心に馬券を楽しんでいます。

サイト制作・管理者
「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」
東京都在住(大阪生まれ、埼玉県育ち)
証券会社(17年間)、保険会社および保険代理店会社(約10年間)において営業活動(現在は廃業)
2004年より医療関連サイトのグループに所属
2007年タウンクリニックドットコム立ち上げ
現在に至る
連絡先:info@town-clinic.sakura.ne.jp
※ブログルールにより上記メルアドを手入力するなどしてご利用ください

【新型コロナウイルスについて】
現状は営業先など活動上当方、先方の双方に影響がないようにできる限り不要な外出や、訪問をしないことを心がけて活動をしている状況です。今後も状況をみながら柔軟に対応していく所存です。


函館記念

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
ここしばらく例年比較的相性のいい福島、函館で穴目の馬が時々的中していましたが、土曜日の後半以降はパッタリと的中しなくなりました。
いつもの状態に戻ったといえばそれまでですが、これは外れている時のようにおとなしくしているに限る、という方向に考えようと思っています。一応個人的な方針で記載を続けていますが、もしご覧になっている方がいたら、今日以降は特に参考にしない、というより逆の参考にしたほうがいいかもしれません。本当は今日の重賞は距離的にもちょうどよく、ハンデ戦でもあり好きなレースですが、自重して買いたいと思っています。

水曜日早朝に掲載した今週の展望は下記です。
http://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/6439118.html

土曜日朝に掲載した展望は下記です。
http://keiba-ananerai02.blog.jp/archives/6456878.html

◆中京記念
藤原英調教師は迷走するようなタイプに見えず、スプリントからマイルに変えるのも想定内、というか元からの予定だった、と勝手に想像します。
またその対象がここ数週オープン級の馬を総動員して2歳馬募集時期に見せ場をつくるのでは?と想像させる広尾の馬で、重賞奪取、賞金加算、サマーシリーズのすべてで重要なレースになりそうな中京記念を使ってきた、ということで騎手が乗り替わりのうえ後決め、ということに目をつむって注目したいと考えています。ここは個人的趣味も混じり不発の可能性が高いので、特に参考にしないでください。しかも一部以外は大穴ばかりです。
◎軸ディメンシオン
○ギルテッドミラー
▲ハッピーアワー
★ブラックムーン
△トロワゼトワル
△ストーミーシー
△リバティハイツ
注ミッキーブリランテ

馬券は◎単複、◎ー○馬連、◎ー印にワイド、▲★の単複少々程度で。

◆函館記念
私は集積したデータなどは持っていないので違っていたらごめんなさい。これは個人的に調べてみたのですが、その範囲ではもしかしたらルメール騎手は函館で重賞を勝っていないのでは?ということになりました。また今年はキャロットの馬は重賞勝ちがすくなく調べた範囲ではシンザン記念、金鯱賞、ダービー卿くらいしかないのでは?と思います。また東京ホースにいたっては見落としがなければ今年はまだ未勝利のようです。藤沢和厩舎がセレクトセールの直後に3頭出し、しかも今年は重賞路線では低調なクラブの馬、さらにキャロットは内枠で2頭出し、とここは当然勝ちにきたのでは?と想像します。
また今年は冬にマラソンコースの関係で函館が後に、さらにコロナ感染で五輪が延期でまた函館が前倒し、と日程に振り回されている感じでキャロットの2頭は函館も札幌も守備範囲で、対応できるのもプラスになると思います。また近年は豪華メンバーがそろう札幌記念は今年は前述の諸々の要因かメンバーが手薄そうで、ここを勝って、次走も掲示板以上も可能性ありと陣営は考えているのでは?と想像します。つまりここ数年サマーシリーズが難しかった北海道で今年は可能性もでてきたということも感じました。

土曜日に函館2歳を勝った丹内騎手はインタビューで他意はないと思いますが、
「函館の重賞のうち2つ勝ったので、あとはスプリントだけです。来年はスプリントを狙います」
と、日曜日に昨年2着の馬に騎乗する函館記念をさておいて、すでに来年の話をしているのを聞いて、邪推かもしれませんがすでに本人は日曜日の函館記念は難しいと思っているのでは?と感じました。

ということで前置きばかりになりましたが、
◎レイエンダ
○ミスマンマミーア
▲カウディーリョ
★バイオスパーク
△レイホーロマンス
△レッドサイオン
△スズカロング

と本命系になりましたが、馬券はレイエンダから薄めに少々だけ買おうと思っています。

◆福島TVオープン
今年は1200になりましたが、残念サマースプリントと高齢馬や地方馬でも通用しそうなメンバーです。
キングハート、ショウナンアンセム、レジェーロ、リコーワルサーあたりに若干注意と思っています。

◆潮騒特別
大穴で難しいと思いますがテーオーアマゾン、ドリームジャンボ

◆福島12R
トライゲッターに若干注意と思います。

◆阪神12R
ニホンピロランド、クオリティタイムに注意と思います。他ではダイメイコスモス、メイショウウグイス、メイショウオーギンにも若干注意と思います。

◆福島8R
ショウナンアオゾラに注意と思っています。ノルマンディー関係が複数出しで少々だけ連馬券で流すつもりです。

◆福島7R
ショウナンサモンの単複少々で。

◆福島4R
コンカルノーの単複少々。

◆阪神2R
POG登録のショウナンライフクを少々。かなり難しそうですが・・・。

◆1レースキャンペーン
下記の馬に若干注意と思います。
・福島1R
函館から参戦のハイプリーステス
・阪神1R
人気ではブルベアブロンゾ、穴ではジョーカーワイルド
・函館1R
トーセンロジャー

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在7月19日(日)AM6時37分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
誤字・脱字を修正しました。また一部は追加記載があります。(函館記念展望の部分)いつもながら失礼致しました。(赤字で記載部分:7月15日AM7時20分くらい)

七夕賞はコース・道悪巧者のクレッシェンドラヴが完勝でした。
広尾レースは先々週から今週末にかけて準オープン以上の馬が全頭出走になりそうで、先々週は3歳馬が2着に入り賞金加算をして、先週は前述のようにサマー2000初戦で勝利をかざりました。持分の問題もあり対象外かもしれません(現在の詳細は不明です)が函館で出走したハナズリベンジもゴール前で大きな不利があり凡走しましたが、レース振りを見る限り仕上がっていて勝ちにいくようなそぶりを感じました。しばらくは広尾の馬には注意と思います。

結局七夕賞では凡走したリュヌルージュはデムーロ騎手が52キロと軽量騎乗で注目されましたが凡走しました。水面下での詳細は不明ですがそもそもデムーロ騎手は同日の織姫賞で勝利したホウオウエミーズが52キロ騎乗でした。結果をみればこちらが本命で、七夕賞は軽量騎乗が可能なので急遽騎乗が決まった可能性があると感じました。リュヌルージュは公開情報では当初は騎乗予定騎手が決まっていない状況でした。いずれにしても外枠だけでなく、騎乗予定騎手が決まっていないということは、やはり勝負気配と関係があるかもしれません。

ここのところ記載していた福島出身の騎手や株主総会が無事終了した絡みか上場会社経営者の馬が先週も大活躍しました。福島出身騎手では伊藤工騎手が日曜1Rの障害戦で勝利、日曜新馬戦で江田照騎手が勝利、田辺騎手も平場のレースを中心に複数のレースで勝利や上位入線の成績でした。

上場会社経営者関係では重賞でエアが入着、平場でも金子氏やオービック関係の馬が複数勝利をかざりました。株主総会だけではなく13~14日のセレクトセールの関係もあるかもしれません。そういう意味では日曜日のレース終了後は北海道や函館滞在の競馬関係者だけでなく、他場で出走の関係者も北海道に向かった関係者も多かったのでは?と想像します。

とすれば今週はレース前や当日に函館に立ち寄る陣営や馬主がいる可能性もあり、今週の函館最終週は大物馬主の馬や大手厩舎の馬には特に注意と思います。また今回高額で落札したらしいショウナンの馬も先週までと引き続きしばらくは3場とも注意と思います。当然賞金や馬券で回収したいところと想像します。

馬場状態は今週も引き続き週中は雨がかなり降っているようで、当日も含め馬場状態には注意と思います。昨年の凱旋門賞ヴァルトガイストではありませんが当初は道悪は苦手(三味線かもしれませんが・・)といいながら経験を重ねるごとに慣れたのか、本番では激走しました。やはり道悪でタフな競馬を経験した馬はの軽視は禁物と思います。特にそのような環境は消耗も激しいはずで出走事態自体が馬に大きな負担がかかるはずで、展開のアヤで上位に入ったり、時計が遅いことで思わぬ馬にチャンスが出てくる一面もありますが、本当に強い馬にも今後のレースでの大きな経験になるのでは?と思っています。

今週は前述のような色々な要因のほかコロナに関連した特殊な状況も加えて考えていきたいと思っています。
特にセールがあった北海道の函館、また高額落札した馬主さんの馬も加えて注意と思います。ボーナスシーズンも一段落して、ここはここ数週続いた穴中心の競馬ががラットらっと変わる可能性もあると思っています。(個人的には歓迎しませんが・・・)

◆現段階での今週の重賞注目馬
・中京記念
スプリントからマイルに切り換えたのか、元から狙いはマイルだったのかはさだかではありませんが、仮に出走してきたらディメンシオンには注意と思います。ただ事情は不明ですが公開情報では騎乗予定騎手が発表されていなく若干割引きと思っています。あとは騎手の動向などでブラックムーン、ロードクエストあたりが出走してきたら注意と思います。またこの時期に大活躍する馬主のミルファームのストーミーシーにも注意と思います。もし出走してきたらこの馬以外のほかのレースのミルファームの馬にも注意と思います。あとこれは除外対象で騎手も決まっていませんが、個人的な印象で前出の金子氏の馬でもあるプロディガルサンには注意と思っています。全走は順位だけでなくレース振り自体がひじょうに気になりました。

・函館記念
おそらくセールにも行き、現状の主戦騎手のルメール騎手もここ数週函館に滞在している藤沢和厩舎が今回3頭出しの予定です。ここはルメール騎乗予定のレイエンダにはもちろん注目ですが、もし出走してきたらムラはありますが地力は足りていそうで賞金加算も必要そうなランフォザローゼスには穴で注意と思っています。特に馬主の窪田氏は先週七夕賞で複数出しして不発で、さらに現在の社会情勢から考えてもここは何らかの結果を出したいところと想像します。また前出の広尾からはドゥオーモが巴賞に引き続き出走予定で若干注意と思います。

・函館2歳S
POGに登録しているリキサントライが出走予定です。池添騎手でもあり連闘でも、もしかしたらと期待しています。

◆地方競馬
買えませんが、水曜日に行われる川崎ナイター「スパーキングレディーカップ」は現在は地方在籍のサラーブが穴で面白そうだと思っています。買うとしたら単複と強い1頭とのワイドあたりで。

◆POG
手前味噌ですが、今までで最高のシェアポイント79位になりました。今後は厳しいと思いますが、少しでも上位を、と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在7月15日(水)AM4時57分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ